商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

商品撮影の映り込み

      2018/10/30

商品撮影で映り込みを防ぐ為に

 

商品撮影をする時に悩みの種になってしまうのが、映り込みの問題です。
卓上ライトを利用して撮影をした場合、商品が光を反射する事によって白っぽくなるケースがあります。
他にも周囲の風景だったり、置いてある物が商品の光沢部分に映り込むケースがあります。
特にプラスチックやビニール素材の物ですと多く発生する減少です。
この光による映り込みを防止するために必要なポイントですが、卓上ライトの位置に気を付けなければなりません。
上から撮影をすると、例えば箱の中に入っている商品がしっかりと映らないのです。
卓上ライトの位置に関してですが、それぞれ試してみて映り込みが起こらない角度を自分で探してみるのも良いでしょう。
それでは少し手間がかかってしまう、面倒だという方は、商品から斜めに来るように卓上ライトを調節しましょう。
斜めの角度としては大体、三十度から四十度を目安にすると良いかもしれません。
ただし卓上ライトは角度を調節出来無い物も販売されていますので気を付けなければなりません。
少しお金が高くなったとしても、スムーズに商品撮影をする為には、ちょっと高い卓上ライトを選んでみても良いでしょう。
商品撮影は難しいですが、環境や小道具が整いさえすれば素敵な写真を撮影する事が出来ます。

商品撮影をプロに任せるメリットは沢山あります

ネットショップに掲載する商品について自分で撮影をするのも良いかもしれません。
それにより経費を削減出来ます。
ただ売上に繋がらなければ、せっかく手間暇かけて撮影をしたのに無駄だったという結果にもなります。
商品撮影と言うのは案外難しい物です。
本当に商品の魅力を引き出したいのでしたら、専門のカメラマンに協力をして貰うのも1つの方法かもしれません。
専門のカメラマンに商品撮影を依頼した場合は、素人ではとてもでは無いけれど撮影出来ないような素敵な商品写真が出来るのです。
プロなのですから完成度が高いのは言うまでもありません。
素人ではきちんとした設備や小道具等が無いケースもあるでしょう。
プロに任せるポイントはその完成度の高さにあるのは間違いありません。
高性能のカメラは確かに世の中には沢山あります。
しかしカメラの性能ではどうしても埋められない部分が素人とプロにはあると言わざる負えないでしょう。
その事をしっかりと意識をしたのでしたら、商品撮影をプロに任せるメリットを強く感じる事が出来るのではないでしょうか。
ある程度のレベルまでは自分で商品撮影をしても行けるかもしれません。
しかしプロだからこそ撮影する事が出来る商品があるのですから利用しないのはもったいないです。

商品撮影はプロに任せると安心

商品撮影をする目的は何でしょうか。
それは商品を魅力的に見せて、お客様の購買意欲を高めるのが目的です。
商品をただ写真に写して掲載さえすれば、万事上手く行くほど甘い物ではありません。
最近では高性能のデジタルカメラも沢山開発されてます。昔よりも簡単に素敵な写真を撮影する事が出来るようになりました。
だからといって絶対に購買意欲が出て来るような商品撮影が出来るかどうかは、また別の話です。
もしレベルの高い商品撮影をしたいのでしたら専門のカメラマンに任せるのが一番と言えるかもしれません。
専門家ですから、機能の高いカメラを持っているのは当然です。
なおかつその機能を大きく引き出す事が出来る知識もきちんと持っています。
機能だけに頼るのでは無くて、知識と経験に裏打ちされた構図や、ピント、光量など全てに置いてバランスが取れた写真を撮影する事が出来るのです。
インターネットショップは実際に自分の手で見て触って、商品を購入する事は出来ません。
だからこそ、写真の力が購買意欲に対して非常に顕著に影響するのです。
本当に良い商品撮影をしたいのでしたら、専門家に任せるのが一番かもしれません。
それによって商品の売上がアップする可能性が出て来るのです。

 - その他, イメージ撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

商品撮影に必要なカメラ選びのポイントは、ココ!

近年では、自分の手作りのハンドメイド作品をインターネットで販売、不要となった商品 …

デジタルカメラについている露出補正を使って理想の撮影に!

デジタルカメラについている露出補正を使って理想の写真に! 一眼レフカメラやコンパ …

テカリを消すコツ!袋菓子・ラッピングビニールの撮影方法

袋菓子や透明な袋に入ったクッキーを撮影するときに、注意することは、テカリです。た …

平面的な本・書籍を立体的に撮影する方法とコツ

本などの書籍の商品を撮影するポイントは、平面的ですので、影で厚みを表現する体的に …

撮影のストロボの役目

目次1 人工光を使用した商品撮影のメリットについて2 商品撮影で活躍するストロボ …