商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

写真撮影に必要なデジタルカメラ!種類・特徴を知っておこう

      2018/06/30

美しい景色やインスタ映えするスイーツなどを撮影したいというときには、カメラが必要となります。昔は、使い捨てカメラやフィルムカメラなどが使われることが多かったですが、現代では、デジタルカメラが主流となっています。

デジタルカメラといっても、様々な種類があり、特徴も異なってきます。

今回は、それぞれのデジタルカメラについて、紹介していきます。

 

■デジタルカメラの種類は?

今、主流のデジタルカメラの種類は、大きくわけて、4種類あります。

通称・コンデジで知られている、持ち歩きに便利な「コンパクトデジタルカメラ」。レンズ交換が可能な「デジタル一眼レフカメラ」。一眼レフカメラに搭載されている反射鏡がない「ミラーレス一眼カメラ」。携帯・スマホやタブレットに搭載されている「小型デジタルカメラ」があります。

■手軽な操作で撮影できる「コンパクトデジタルカメラ」

使い捨てカメラやフィルムカメラのあとに、普及してきたのが、レンズ一体型のコンパクトデジタルカメラです。持ち歩きに便利で、旅行先での美しい風景や仲間同士の記念撮影など、気軽に撮影したいときに最適です。

全自動で撮影が可能ですので、難しい操作もいりませんので、機械操作が苦手な方でも、安心して使うことができます。

近年では、手のひらサイズの小型・軽量ボディ化したものや、高画質や高機能を搭載したコンパクトデジタルカメラなど、様々なタイプがあります。

■携帯電話やスマホで簡単に撮影できる「小型デジタルカメラ」

一般的な携帯電話(ガラケー)とスマートフォン(多機能携帯電話、通称・スマホ)の機能には、カメラ性能が搭載されています。

近年は、デジタルカメラを持たずに、携帯やスマホで、撮影する人が多いようです。スマホで撮影した写真を、すぐにSNSやインスタグラムなどにアップできるほか、内臓のアプリを使って、いろんな加工を楽しむことができます。構造上、望遠撮影や暗い場所は、苦手な小型デジタルカメラですが、最近では、高画質な撮影ができる機能つきのスマホが発売されています。

■描いたイメージを美しく繊細に撮影できる「デジタル一眼レフカメラ」

デジタル一眼レフカメラの魅力は、単焦点レンズ、望遠レンズ、広角レンズやマクロレンズといったレンズ交換ができることです。被写体をどのように撮影したいのかといった目的に応じて、レンズ交換することで、多彩な表現を楽しむことができます。一眼レフカメラは、大きなイメージセンサー(フィルムにあたる部分)を搭載しているため、ノイズが少なく、高画質な美しい写真を細部まで撮影できます。

また、動きの速い被写体を瞬時に捉えたり、誕生日パーティーや花火、夜景などの暗い場所でも、自然な雰囲気のまま鮮やかに撮影できます。

近年は、初心者でも手軽に使える軽量コンパクトサイズのデジタル一眼レフカメラや、画像をスマホに自動転送できるなど、機能も充実しています。

■小型・軽量で持ち歩きやすい「ミラーレス一眼カメラ」

ミラーレス一眼カメラと、デジタル一眼レフカメラの大きな違いは、カメラに搭載されている反射鏡があるか、ないかです。

ミラーレス一眼カメラは、反射鏡がないため、レンズがとらえた景色を、反射させて、ファインダーに瞬時に画像として送ることができないのです。そのため、被写体の動きとのタイムラグが発生しやすくなります。

また、ミラーレス一眼カメラには、ファインダー(小さな覗き窓)がついていない機種が多いですので、カメラの背面にあるモニター画面で、確認しながら撮影します。利点としては、色彩も美しく撮影でき、女性でも持ち運びしやすい軽量なカメラです。一眼レフに比べて、反射鏡がないため、跳ね上がり音もなく、高速連写が可能です。スマホカメラやデジタルカメラより、もっと本格的に、撮影を楽しみたい人にオススメです。

■まとめ

使い用途によって選べるデジタルカメラ。お気にいりのカメラを見つけて、素敵な一枚を撮影してみてはいかがでしょう。

 - 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

商品撮影のバック、レフ板

目次1 商品撮影で必要なバック紙2 商品撮影ではレフ板を使用するのは得策です3 …

商品撮影でも使える!カメラレンズについて知っておこう

商品を、美しく鮮明に撮影する際に、カメラレンズは、どのレンズが良いのかと、迷って …

これがあれば手ブレなし!カメラ用リモコンとレリーズ

商品撮影する際、ブレは禁物です。ブレを最小限に抑えられる、カメラアクセサリーがあ …

商品撮影の上達方法

目次1 ◎商品撮影の前に自分が良いと思える写真を把握しておきましょう2 ◎素敵な …

アングルとポジションについて!商品撮影基礎

商品撮影をするとき、どうしたら商品がよりよく伝わる画面構成(構図)になるのか考え …