商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

インスタ映えする写真を上手に撮影するには?(撮影の構図)

      2018/06/30

スマホ、コンパクトカメラや一眼レフカメラで撮影したときに「何かピりっとしない写真」「インスタ映えしない」と、納得がいかない写真を撮ってしまうことがあると思います。そんなときは、構図を気にせずに、何げなく撮影しているときが多いようです。ここでは、基本となる構図をご紹介します。少し理解するだけでも、インスタ映えする写真に変わりますので、参考にしてみてください。

 

■写真の3要素がポイント

一般に、「構図」「露出」「ピント」の3つの要素が、写真の良しあしを決めるといわれています。構図は、主役や脇役などの被写体のバランスや配置を決めるものです。構図を考えるのが苦手な方は、構図の基本となる幾つかのフォーマットがありますので、参考にしてみましょう。

■基本構図の種類を知っておこう

一般に写真の構図には、「日の丸構図」「2分割法」「3分割法」「対角構図」などがあります。

初心者がなりやすいのが、ファインダーの真ん中に被写体を置いて撮影してしまう「日の丸構図」です。誰でも撮影できる構図ですが、余分な風景などが入ってしまい、「何が撮りたかったのか」というのが、分かりにくくなります。

また、一般的に用いられるのが、「3分割法」です。画面の縦・横を、それぞれ3分割して、その交点に主題を置くという構図です。写真を印象的に見せることができる構図です。

■曲線を意識する構図もある

基本構図のなかには、曲線を意識するS字構図・C字構図(アルファベット構図)があります。SやCなどのアルファベットの形を意識した構図です。

S字のような道なりや川・海岸線を撮影するときに、緩やかなカーブ上に被写体を置くことで、画面に奥行きが出せます。また、スイーツをのせたお皿をCのように撮影する(お皿を少しかけたように撮影する)と、また違ったやわらかい雰囲気に撮影することができます。

■撮影する日の天候に合わせ、目線の高さを変える

構図をつくるときは、カメラの位置や高さを変えてみることが大事です。

目線の高さを少し変えてみるだけでも、目の前の風景が異なって見えてきます。

また、天候を考えた構図にすることが大切です。

例えば、天気が悪い日に、天気の良い日と同じ構図で撮影しますと、曇り空が強調され、どんよりとした雰囲気の写真になることがあります。

■意識を変えることで構図が変わる

スマホやコンパクトカメラで良く撮影されるのが、おいしそうな料理や色鮮やかなスイーツです。

近年は、友達や仲間で立ち寄ったカフェやレストランの料理やスイーツなどを撮影し、撮影後に、自分のSNSやインスタグラムなどで紹介する人が増えてきています。そんなときに、インスタ映えする写真を撮りたいと思う人も多いと思います。それには、まず被写体を「どのように撮影したいのか」を意識しますと、自然に構図が変わってきます。

■構図の基本は引き算

インスタ映えする写真とは、見た目の美しさだけではなく「何を伝えたいのか」が、ハッキリとわかる写真です。

例えば、目の前に、色鮮やかなイチゴがのせられたパンケーキがあります。

ただ、パンケーキを撮影したいだけであれば、遠くから、パンケーキの全体的を撮影すれば良いのです。ただ、それでは、何も伝わらない写真になってしまいます。

そこで、パンケーキを「おいしそうに撮影したい」と意識を変えてみます。すると、おいしそうに見える部分だけを残し、それ以外のものは、画面から外していくという考えになってきます。構図の基本は、引き算です。

そのため、パンケーキがアップになり、お皿が少し切れた、インスタ映えする「おいしそうなパンケーキ」の写真になります。

■まとめ

撮影するうえで構図は大事です。今まで何げなく撮影していた方は、ちょっと意識して撮影してみますと、今までと違った写真を撮ることができます。ただし、基本の構図を気にしすぎて、撮影していますと、個性のない写真になってしまいますので、あくまでも目安程度が良いでしょう。

 - 出張撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

簡易スタジオ(ディフューズボックス)を自作・簡単制作する方法

近年は、自社のネットショップ、オークション、フリマアプリ、ハンドメイド販売等で、 …

映り込みを防ぐ鏡撮影・フォトフレーム撮影のコツ

鏡やフォトフレームの場合、映り込みを避けて撮影することが基本です。映り込みは簡単 …

キュートな自撮りをスマホで撮影するには?

ブログやインスタグラム、FacebookなどのSNSにアップしたくて「自撮り」を …

商品のデジタルカメラをイメージ通りに撮る方法

商品撮影で、デジタルカメラを撮影することもあります。コントラスを強めに立体感を強 …

メイン・補助光の役割とレフ版の種類を知っておこう

商品撮影では、商品の特徴を伝えることが大事です。メイン光と補助光を調整し、レフ板 …