商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

フードフォト 美味しそうに写っていれば、食べたくなる。

 基本的に料理のある場所は、台所や食卓など明るい場所で、何かしらの光源が
あり暗くはありませんね。まずは光の来る方向をチェックして、撮影す る料理
の置き場所を決めます。サイドからの光は自然に見えますし、逆光を活かした撮
影はドラマチックに表現できます。
撮影する場所をイメージに合うように、スタイリングして光の方向を考えて、料
理や小道具をセットします。
カメラのシャッタースピードは、手ブレしないように1/125秒以上になるように
するか、三脚に固定する。撮影モードは絞り優先AEモードで、絞 り値は開放F値
にします。カメラを構えて、グッと寄って美味しそうとシャッターをパチリ。見
た目も良くて、食べたくなります。
照明を使う場合は、物撮りでお話したストロボを用意して、光源にします。
ソフトボックス用意して、柔らかい光にします。r5



公開日:
最終更新日:2018/10/30


撮影フロー
1

お問い合わせ

お問い合わせメールもしくはTELでお申し込みください。担当者が詳細をお伺いいたします。
2

お見積もり

お問い合わせ内容をご確認の上、即時お見積もりいたします。
3

ご契約

注文書とスケジュールを発送いたします。問題がなければ商品をご発送いただきます。
4

撮影

商品受け取りのお知らせ、欠品、破損等の確認後、問題がなければ担当カメラマンとの撮影についての確認後、撮影いたします。
5

データ確認

撮影データはメールでのご確認となります。修正は基本2回までとさせていただきます。
6

ご納品

入金確認後、データ便で即時ご納品いたします。