商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

ポートレート撮影するときにも役立つ!光の読み方(光の種類)

      2018/06/30

 

スマホや一眼レフカメラなどで、何かを撮影するときには、十分な光量が必要です。また、被写体に当たる光の向きによって、写真のイメージが異なってきます。そのため、自分のイメージに合わせた光の向きで撮影することが、大事になってきます。今回は、撮影する際に必要な「光について」ご紹介します。

 

■光の種類とは

光の種類は、大きく分けて2種類あります。窓から入ってくる太陽や月の光の「自然光」と、ストロボや蛍光灯といった照明器具などの「人工光」に大きく分けられます。

■撮影するときに必要な光の向きを知っておく

・順光

順光とは、撮影者の後ろから光(太陽・ストロボ)が当たっているということです。つまり、被写体は、正面から光を受けることになります。

そのため、影ができにくいため、被写体の形や色などをはっきりと撮影することができます。主に、青い空、色鮮やかな花や木々などの描写する風景写真に使われています。

逆に、影がないことで、立体感のない平面的な写真になりますので、料理やポートレート撮影には不向きです。ただし、ポートレート撮影する場合は、少し工夫することで、立体的に見せることができます。被写体のモデルに、少し顎を引いてもらうなど、あえて影をつくることで、立体的に見せることができます。また、瞳を美しく撮影できるのも順光です。

・逆光

逆光とは、被写体の後から光(太陽・ストロボ)が、当たることです。

撮影者は、正面から光を受けることになりますので、レンズに光が多く入ってきます。そのため、昔は、被写体が暗く映ってしまうことから、撮影するには適さないといわれていました。近年では、強制的にフラッシュを発光させる、露出補正で調節するなどして、明るい写真に仕上げることができます。

また、ふんわりとした柔らかい雰囲気が出しやすいため、女性のポートレート撮影や、料理撮影にも適しています。特に料理は、みずみずしさや素材の色合いをきれいに写せます。

・サイド光(斜光)

被写体の横から当たってくる光を「サイド光」といい、斜め横から光が当たることを「斜光」といいます。特に斜光は、光と影がはっきりすることで、被写体が立体的に見え、ドラマチックな雰囲気を演出してくれます。そのため、建造物、風景、人物、テーブルフォトなどの様々なシーンに適しています。

・半逆光

逆光とサイド光の中間には「半逆光」があります。被写体を斜め後ろから照らしながらも、自然の影ができる光の向きです。順光とは、また違った写真を撮ることができます。

・トップライト(真上)

トップライトは、余り使われませんが、暗い場所で真上に照明があった場合は、ダークなイメージの写真が撮れます。

■光の向きを変えるレフ板

ポートレート撮影を行っているときに、レフ板を使用することがあります。レフ板とは、被写体に光を反射させる板のことです。光量の足りない部分を補ったり、逆光ときの明暗差を減らしたりするために使います。

レフ板は、設置する場所や角度、大きさ(大きいほど反射面が広くなる)が、重要になってきます。光の量や角度などによって、撮影される写真のイメージが異なってくるからです。

■まとめ

光の向きを知ることで、イメージに近い写真を撮ることができます。室内では、人工光よりも、窓から差し込む自然な光を使いましょう。室内から窓に向かって撮影(逆光)することで、被写体を美しく撮影できます。

 - イメージ撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

上手な鉄道模型の撮り方!フォルムの美しさを表現するコツ

商品撮影で簡単のようで難しい商品が、鉄道模型です。今回は、鉄道模型の細部まで、判 …

カトラリー、ガラス、ケーキなどの撮影

目次1 カトラリーの撮影2 ガラスの撮影3 ケーキなどの撮影 カトラリーの撮影 …

メイン・補助光の役割とレフ版の種類を知っておこう

商品撮影では、商品の特徴を伝えることが大事です。メイン光と補助光を調整し、レフ板 …

JPEGとRAWの違い!商品撮影基本「ファイル形式」

商品を撮影した画像を、記録する際のファイル形式には、JPEGとRAWがあります。 …

映り込みを防ぐ鏡撮影・フォトフレーム撮影のコツ

鏡やフォトフレームの場合、映り込みを避けて撮影することが基本です。映り込みは簡単 …