商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

デジタルカメラについている露出補正を使って理想の撮影に!

      2018/06/30

デジタルカメラについている露出補正を使って理想の写真に!

一眼レフカメラやコンパクトカメラなどで撮影した写真を見て、自分のイメージと違った明るさになっている場合があります。そんな時に、写真の明るさを調節してくれるのが「露出補正」です。近年では、スマホカメラにも備わっている機能です。ここでは、便利な「露出補正」などについて、紹介します。

 

■露出とは

露出とは、撮影するときに取り込まれる光量のことです。光量は、シャッター速度と絞り値で決められます。そこにISO感度を組み合わせることで、写真の明るさが決定します。

■絞りとシャッター速度とは?

被写体を撮影するとき、周囲の明るさは、様々です。美しい写真にするためには、カメラに搭載されているイメージセンサー(フィルムにあたる部分)に、適切な光の量を与えることが大切です。そのため、光量が多い場合などは、光を制御し、逆に少ない場合は、多く取り入れる必要があります。その役割をしているのが、絞りとシャッター速度です。

■露出計の仕組みを知ろう

デジタル一眼レフカメラの中には、露出計(反射光式)が内蔵されています。被写体から反射されてくる光の強さを測定し、設定すべき露出値を決めてくれます。ただし、同じ明るさで撮影した場合でも、被写体の服装の色や背景色の反射率の違いによって、露出値が変わってきます。

■自動露出機能があれば安心なの?

デジタルカメラには、露出をコントロールする「自動露出機能」があります。カメラが、自動的に明るさや露出を判断してくれます。それに合わせて、ISO感度、シャッタースピード、絞りを決定してくれますので、適正な明るさの写真を撮ることができます。

ただし、自動露出機能も、完璧ではありませんので、自分が描いていたイメージとは、異なる明るさに、なってしまうことがあります。

■露出補正とは?

撮影した写真が、思っていたより暗かったり、明るかったりした場合は、「露出補正機能」を使って補正していきます。露出補正機能は、機種によって表示されているマークなどは異なります。

例えば、一眼レフカメラの場合は、明るくしたい場合は、プラス方向に動かし、暗くしたければマイナス方向に動かして、写真の明るさを調節していくことができます。アイホンの場合では、お日様マークを上にあげますと、明るくなっていきます。

■ふんわりイメージに変える「ハイキー」

自分が思う理想の明るさよりも、露出オーバー気味に撮影することを「ハイキー」と呼びます。露出補正で、どのくらいの明るさにするかは、撮影者により異なりますが、目安としては1~3プラス程度です。

全体的に、明るくふんわりとやわらかい感じに仕上がりますので、カメラ女子やインスタグラムでも人気がある写真です。

ハイキー写真に向いている被写体は、子供、女性、愛犬、花などです。写真の雰囲気を、優しい、暖かい、かわいい、やわらかい、女性らしい、キュートに変えたいときに使ってみると良いでしょう。

ただし、あまりにもハイキーにしますと、「白とび」の状態になってしまい、編集ができなくなるなど、取り返しのつかないことになりますので、注意しましょう。

■重厚感あるイメージに一転する「ローキー」

自分が思う理想の明るさよりも、暗く撮影することを「ローキー」といいます。

全体的に、暗くコントラストの低い画質になりますので、電灯や車のライト、夕景など、一部分に明るさが残っていることで、力を発揮します。

写真の雰囲気は、冷たい、シャープ、大人っぽい、シックな感じになります。

ローキー写真に向いている被写体は、男性、金属、電車、車、夕景です。

例えば、美しい夕景を見つめている2人の後ろ姿を、影絵のように写真することができるのも、ローキー写真だからです。

■まとめ

露出補正をすることで、イメージが異なった写真を撮ることができます。ついつい同じような写真を撮ってしまいがちな方は、是非、試してみてください。

 - 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

革製品のバッグの撮影方法!ツヤある美しさに

革製品のバッグ商品の場合、ツヤやテカリの調整がポイントとなりますので、少し難易度 …

平面的な本・書籍を立体的に撮影する方法とコツ

本などの書籍の商品を撮影するポイントは、平面的ですので、影で厚みを表現する体的に …

簡単にできる透明グラスやガラス器の撮影方法

透明なグラスやガラス器の撮影で悩んでいる人が多いのではないでしょうか。透明なガラ …

ハンドメイド作品や料理をきれいに撮影するコツとは?

キュートなハンドメイド作品の小物やインスタ映えするスイーツや料理などを撮影する人 …

撮影上達で必要な基礎

目次1 商品撮影ではとにかく多くの写真を撮るのが良いです 2 半押しのテクニック …