商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

ハンドメイド作品や料理をきれいに撮影するコツとは?

      2018/06/30

キュートなハンドメイド作品の小物やインスタ映えするスイーツや料理などを撮影する人が多くなってきました。SNSやインスタグラムでアップするなら、色合いも鮮やかで素敵な写真を撮ってみたいですよね。今回は、室内できれいに撮影できる秘けつをお教えいたします。是非参考にしてみてください。

 

ハンドメイド作品の小物を撮影する前に

撮影する前に、スイーツ・料理やハンドメイド作品を、どのように撮影したいのかを考えることが必要です。例えば、背景を変化させて作品を魅力的に見せたい、小物などを利用して色や大きさを伝えたい、使うイメージを伝えたいなどです。そのイメージに合わせて、背景となる色画用紙や撮影小物(器、布、花、木、マスキングテープ等)を用意する必要があります。

■やわらかい雰囲気がでる自然光を使う

室内での撮影は、自然光で作品を撮るのが基本です。ただし、雲がない晴天で光が強い時や、直射日光は、避けましょう。光が強いと明暗差が激しくなり、暗い部分が余計に暗くなります。そのため写真が、硬い(影がはっきりする)感じになってしまいます。

撮影は、なるべく、日差しが強くない天気の日や曇りの日が良いでしょう。

季節などで時間帯は異なってきますが、午前中、昼~14時頃がベストだと言われています。

■窓際を確保する

撮影する場合は、なるべく窓が大きく、自然の光が入る窓際を選んでください。もし、光が強く感じる場合や直射日光が当たってしまう場合は、白いカーテンなどで、光を調節しましょう。また、フラッシュと内蔵フラッシュは、使うと不自然な影などが写りますので、オフにすることが基本です。

スマホに、厚みのあるカバーをしている場合は、レンズの周辺に影ができやすくなるため、外してから撮影します。

■セッティングと撮影方法

スイーツ・料理やハンドメイド作品の小物などは、人物撮影と違って、いろいろな角度から撮影でき、様々なセッティングも楽しみながら撮影できます。

例えば、ブレスレットやペンダントなどは、マフラーや布地などをうまく利用し、立体的に見せるように置くときれいに撮影できます。

スイーツ・料理は、お皿や敷物の色や柄を変える、食器やグラスなどをランダムに配置する、色を統一させるなどを心がけますと、きれいに撮影することができます。

撮影には、窓から差し込んでくるやわらかい逆光を使います。もし、光が足りないと感じた場合は、簡易のレフ板を作って、小物やスイーツの横に置きます。簡易のレフ板は、白い紙やA4のコピー用紙を二つ折りにすれば、出来上がりです。

撮影後に、写真の明るさが暗いなどと感じた場合は、露出補正という機能で、画像の補正ができます。また、室内で逆光の場合、思っていたより暗く感じて、手振れをしてしまう人がいると思いますので、ISO感度を上げるか、カメラを固定する三脚などがありますと、安心して撮影できます。

■まとめ

少し工夫することで、お気に入りのハンドメイド作品や料理を「美しく、おいしく」撮影することができますので、是非試してみてください。

 - 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

商品のデジタルカメラをイメージ通りに撮る方法

商品撮影で、デジタルカメラを撮影することもあります。コントラスを強めに立体感を強 …

簡単にできる透明グラスやガラス器の撮影方法

透明なグラスやガラス器の撮影で悩んでいる人が多いのではないでしょうか。透明なガラ …

メイン・補助光の役割とレフ版の種類を知っておこう

商品撮影では、商品の特徴を伝えることが大事です。メイン光と補助光を調整し、レフ板 …

自分で撮影したい指輪の撮影方法のコツ

指輪を撮影する場合、ダイヤモンドやパールをはじめ、カラフルな宝石の指輪など、様々 …

上手な鉄道模型の撮り方!フォルムの美しさを表現するコツ

商品撮影で簡単のようで難しい商品が、鉄道模型です。今回は、鉄道模型の細部まで、判 …