商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

商品撮影に必要なカメラ機材とは?

      2018/06/30

自分の手作りのハンドメイド作品や、商品をインターネットで販売したい場合、商品をよりわかりやすく、きれいに撮影するには、どうしたら良いものかと悩んでいる人も多いはずです。そのためには、まずは、最低限に必要なカメラの機材を用意することから始めてみましょう。どんなものを揃えたら良いのか、ご紹介します。

 

■商品を撮影するカメラは必需品

近年、デジタルカメラが主流となっており、スマホカメラ、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)がありますが、ワンランク上を目指した商品撮影を目指したいなら、イメージセンサー(撮像素子)が大きい、ミラーレス一眼カメラか、デジタル一眼レフカメラで撮影しますと、良いでしょう。

理由の1つとしては、イメージセンサー(撮像素子)が大きいですので、より多くの光や画像情報を取り入れることができるため、ノイズの少ない繊細な描写や暗い場所でも、高画質で高感度の本格的な撮影ができるからです。また、商品の形や光の映り込みを、細かくチエックできるところも利点です。ただし、初めて購入する場合は、入門機で十分です。

■三脚や一脚は必需品

商品撮影する場合、三脚(一脚)は必要です。使用する理由としては、カメラをしっかりと固定するためです。カメラを固定することで、手ぶれが防げ、ピントやアングルもしっかりとキープできます。

三脚の構造としては、脚を伸縮させて高さを変えることができる「脚部」、カメラを固定する部分を「雲台」と言います。雲台は、三脚とセットで販売されていることが多いですが、別々でも購入できます。

三脚を選ぶ際は、自分が撮影する際に必要な高さ(サイズ)、耐荷重、素材、強度などを確認してから、購入しましょう。素材が、アルミ製か、カーボン製かによっても、重さが異なってきます。参考までに、アルミ製よりも軽量で、剛性が高いのは、カーボン製です。

■照明機材を用意する

商品を撮影するためには、光が必要となります。撮影に使用する照明機材は、

主に「ストロボタイプ」と「蛍光灯タイプ」に分かれます。ストロボタイプは、光量が多く、光の状態がわかりにくいですので、初心者には使いづらいです。逆に、蛍光灯タイプは、光量は少ないですが、照明具合や光の状態が、目に見えて分かりやすいですので、初心者に向いています。

■レフ板(反射板)で光を調整する

レフ板とは、光を反射させる板のことです。明暗差を減らす、光が足りないところを補ってくれるという働きをしてくれます。レフ板には、いろんな色や素材があります。商品撮影で使用する場合は、やわらかい光を反射させてくれる白いレフ板が良いでしょう。小物撮影の場合は、100円ショップで売っている商品を使って、自分で簡単なレフ板が作れます。

【自作レフ板の作り方】

100円ショップで売っているPOPボード(のり付きパネル)を購入します。ボードには、最初から、のりがついていますので、その上に、A4のコピー用紙などの白い紙や、アルミホイルなどを貼るだけです。

また、2枚のボードを用意して、パネルの短辺同士を、白いガムテープ(白い養成テープ)で、すき間ができないように貼りますと、L字型で利用できます。

もっとも、簡易なものですと、A4のコピー用紙を二つ折りにして、小物商品の横に置くことで、光を反射させることができます。

■メモリカードや電池は予備も必要

デジタルカメラで撮影中に、電池が切れたり、メモリカードが、いっぱいになってしまったりすることがあります。そういう状況になってしまいますと、カメラは、全く動かなくなり、撮影を中断しなくてはいけなくなります。必ず予備としてメモリカードや電池を用意しておきましょう。

また、対策として、ノートパソコンを持参して、メモリカードのデータを移し、容量に空きをつくり、商品撮影をする人もいます。

■まとめ

今回は、商品撮影の際に、必要なカメラの機材についてまとめてみました。写真のクオリティをどこまで追求するかにより、また、様々な機材が必要となってきます。

 - 出張撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

商品撮影では予備が必要!電池とSDメモリーカード

商品撮影している時に、カメラの電池切れや、記録メディアがいっぱいになってしまい、 …

商品撮影に必要なカメラ選びのポイントは、ココ!

近年では、自分の手作りのハンドメイド作品をインターネットで販売、不要となった商品 …

カメラに外付け!フラッシュを活用できる商品撮影

商品撮影するときの光源として、太陽の光以外に、フラッシュ(ストロボ)の光がありま …

ホワイトバランスとISO感度を活かす商品撮影をしよう

商品撮影のときにも役立つ、ISO感度とホワイトバランスについて、ご紹介します。I …

カトラリー、ガラス、ケーキなどの撮影

目次1 カトラリーの撮影2 ガラスの撮影3 ケーキなどの撮影 カトラリーの撮影 …