商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

商品撮影に必要なカメラ選びのポイントは、ココ!

      2018/06/30

近年では、自分の手作りのハンドメイド作品をインターネットで販売、不要となった商品を、オークションサイトに、出品する人が多くなってきました。そんなときに、やはり商品をきれいに撮影して、出品したいと思う人も多いはずです。ここでは、商品撮影に必要なカメラ選びのポイントを教えます。ぜひ、参考にしてください。

 

■デジタルカメラの種類は?

今や主流となっているのが、デジタルカメラです。デジタルカメラといっても、

携帯やスマートフォン(通称:スマホ)などに、搭載されている「小型デジタルカメラ」をはじめ、持ち歩きに便利な「コンパクトデジタルカメラ」(通称:コンデジ)、複数のレンズが交換できる「デジタル一眼レフカメラ」、ミラー動作がない「ミラーレス一眼カメラ」があります。

また、コンパクトデジタルカメラは、主に小型軽量型と多機能型があり、デジタル一眼レフカメラでは、一般ユーザーが使う普及機と、プロ仕様の高級機があります。

■商品撮影に適しているデジタルカメラは?

各デジタルカメラの特徴を、ご紹介します。

①簡易な商品撮影向きの「スマホカメラ」

スマホは、持ち運びに便利で、タッチパネルでの操作が簡単、TwitterやFacebookなどのSNSに、瞬時に写真をアップすることができます。また、写真加工・画像編集アプリを使って、画像をきれいに仕上げることもできます。

また、スマホの機種にもよりますが、近年のスマホは、カメラの機能性は高くなってきましたので、撮影のクオリティがある程度で問題なければ、スマホでも十分です。

ただ、オートモードで撮影するよう設定されている機種が多いですので、基本的には、細かい設定はできないです。また、ズーム撮影しますと、画質が極端に落ちてしまうことがあります。

②商品撮影でもきれいに撮影できる「コンパクトデジタルカメラ」

コンパクトで持ち歩きに便利で、難しい操作もなく、手軽に撮影できるのが「コンパクトデジタルカメラ」(コンデジ)です。既に、デジカメの機能は搭載されていますので、きれいに商品を撮影することができます。商品撮影の場合、絞り値、シャッター速度、ホワイトバランス、露出補正の設定が変更できるコンデジが良いでしょう。コンデジの場合は、画質よりも、カメラに搭載されているレンズの焦点距離がポイントとなります。

標準レンズは、一般的に18~50mm程度の焦点距離をもったレンズのことを言います。この値が小さいほど、広い範囲(広角)で撮影することができるため、室内で行う商品撮影に適しています。また、商品撮影には、小さい商品を撮影することがありますので、マクロや接写(近接撮影)の機能があると便利です。コンデジは、一眼レフと違い、レンズ交換ができないため、商品の背景をぼかすなどのボケを活かしたイメージカットは、撮影しにくいです。

③商品撮影に向いている「ミラーレス一眼カメラ」

一眼レフと同様に、レンズ交換ができるカメラです。カメラ内に反射鏡(ミラー)がない(レス)ため、小型・軽量で、シャッター音が小さく、高速連写で撮影できます。コンデジと比べますと、画質を左右するイメージセンサー(撮像素子)が、かなり大きいものを搭載しているため、より高画質な写真を撮ることができます。ただし、反射鏡がないため、被写体とのタイムラグが発生しやすくなります。また、背面の液晶モニターに、商品を映し出すため、色などが、若干異なる場合があります。

④商品撮影には「デジタル一眼レフカメラ」

マクロレンズや広角レンズなど、多種のレンズ交換ができるため、撮影の幅が広がり、いろいろな表現ができるのが「デジタル一眼レフカメラ」です。

どんな被写体でも対応でき、高画質の完成度の高い写真を撮影することができます。大きなボケを活かしたイメージカットも撮影できます。ただし、ミラーレス一眼カメラと比べて、カメラは大きくて重いです。

商品撮影の場合は、三脚を使いますので、カメラの重さは、あまり気にならないようです。

■まとめ

商品撮影用の「専用カメラ」というのは、ありませんので、それぞれのデジタルカメラの特徴を理解したうえで、商品を撮影してみましょう。

 - 出張撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

【未経験者・初心者向け】商品撮影をするならまずは知っておこう!

未経験者や初心者のなかには、商品をきれいに撮影したいとカメラを用意しましたけど、 …

撮影する角度

目次1 色んな角度から商品撮影をしてみるのも良い 2 三分割構図等を利用してすっ …

マニキュアやコスメ商品をやわらかい感じで撮るコツ

マニキュアなどのコスメ商品は、やわらかな感じで撮影しますと、見ている人にイメージ …

ホワイトバランスとISO感度を活かす商品撮影をしよう

商品撮影のときにも役立つ、ISO感度とホワイトバランスについて、ご紹介します。I …

ビールの透明感と泡・水滴をきれいに撮るポイントとコツ

おいしそうなグラスに入ったビールを撮影したいと思っている人は多くいらっしゃると思 …