商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

商品撮影でも使える!カメラレンズについて知っておこう

      2018/06/30

商品を、美しく鮮明に撮影する際に、カメラレンズは、どのレンズが良いのかと、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。特に、デジタル一眼レフカメラの場合は、多種のカメラレンズに交換ができます。ここでは、各カメラレンズの特徴について、ご紹介いたします。

 

■焦点距離とは?

焦点距離とは、レンズから、カメラ内にある撮像素子(イメージセンサー)までの距離です。焦点距離は、一般的に50mmというように数値で表示されています。数値が小さくなるほど、画像の画角が広くなり、写る範囲が広くなります。また、カメラレンズの下に、数字(焦点距離)が書かれていますが、これは、画角を示しているものです。画角とは、各レンズが、どれくらいの範囲で写せるか(撮像素子に写る範囲)を、角度で表したものです。

■カメラレンズの種類は?

大きく分けて「単焦点レンズ」と「ズームレンズ」に分けられます。

①単焦点レンズの特徴

単焦点レンズとは、1つの焦点距離しか持たないカメラレンズのことです。そのため、ズームができないのが特徴です。

また、撮影者が動いて構図を決めることになりますので、商品を大きく写したいのであれば、自分が商品に近づいて撮影をし、小さく撮影したい場合は、自分が商品から離れて、撮影をするということです。これにより、商品(被写体)との最適な距離感がつかめるようになり、自分だけの描写力を身につけることができます。

主な特徴としては、多くの光をカメラレンズに取りこむことができるため、暗い室内や光が届きにくい場所でも、手持ち撮影で、商品をきめ細かくきれいに撮影することができます。また、大きなボケをつくり、被写体が印象的に浮きあがるような、ふんわりとした感じの写真を撮ることができます。

②ズームレンズの特徴

逆にズームレンズとは、様々な焦点距離で、撮影することができますので、遠くの物を大きく写すことができるのが特徴です。美しい風景や鳥など、近寄ることができない被写体を撮影するのに適しています。

大きな特徴としては、大きくボケをつくることができるという点です。望遠になればなるほど、大きなボケができます。奥行きがある場所で撮影しますと、より効果を発揮します。

■一眼レフのカメラレンズの種類は?

主なカメラレンズの種類としては、標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ、高倍率ズームレンズ、広角レンズ、単焦点レンズ、マクロレンズなどがあります。

■オールマイティな撮影ができる「標準ズームレンズ」

ミラーレス一眼カメラや、デジタル一眼レフカメラのレンズキット(本体+レンズ)を購入する際についてくるのが「標準ズームレンズ」です。初心者には、使いやすいレンズです。

標準ズームレンズは、人の視野に近く、商品などの被写体を、自然な雰囲気で撮影することができます。また、広角・普通・望遠と、オールマイティな撮影範囲を持っていますので、多彩な表現が可能です。室内で、小物などの商品撮影の場合は、広角側にすると良いでしょう。一般的に、標準ズームレンズとは、50mm前後のカメラレンズのことを呼びます。

■商品撮影に有効な「望遠ズームレンズ」

遠くの被写体を、大きく撮影することができるのが「望遠ズームレンズ」ですが、商品撮影では、箱や商品などの形状を歪みにくく撮影することができます。

また、商品によっては、ガラスや鏡などといった反射しやすい素材や色がありますので、商品の近くで撮影してしまいますと、撮影者の姿などが写り込んでしまう可能性があります。「望遠ズームレンズ」で撮影することで、商品の形状の歪みや、不要な写り込みを事前に防ぐことができます。また、商品の背景を大きくぼかすことができますので、商品を魅力的に撮影することができます。

■小物商品撮影に強い「マクロレンズ」

普通のカメラレンズより、最短距離で、商品(被写体)に寄って撮影できます。接写機能に優れている特殊なカメラレンズですので、アクセサリーや香水の瓶など、小さな商品を撮影する際に撮影するのに。主に、「標準マクロレンズ」と「望遠マクロレンズ」があります。特に、望遠マクロレンズで、商品を撮影しますと、大きなボケをつくることができ、ドラマチックな雰囲気の写真が出来上がります。

■まとめ

商品撮影には、「標準ズームレンズ」を搭載されたカメラで、十分対応できます。ただし、一眼レフなどは、カメラレンズが交換できるため、多種のレンズを使用して撮影することで、商品をより魅力的に撮影することができます。

 - 出張撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

カメラ商品撮影で揃えておきたい便利なアイテム

商品撮影する場合に、カメラ、三脚、ライト、レフ板以外で、用意しておきたいアイテム …

商品撮影に便利な簡易スタジオを使おう!

自宅や職場で、時計やアクセサリーなどの光る小物商品を撮影する場合、どうしても光が …

子供の運動会や愛犬の姿を!一眼レフ撮影で失敗しない方法

  様々な表情をする子供の運動会や、かわいいしぐさや表情をする愛犬の姿 …

簡単にできる透明グラスやガラス器の撮影方法

透明なグラスやガラス器の撮影で悩んでいる人が多いのではないでしょうか。透明なガラ …

バレンタインやクリスマスでも使えるスイーツの撮影方法

誕生日、バレンタイン、クリスマスなどのイベントにも欠かせないのが、ケーキやチョコ …