商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

商品撮影に必要な光源と照明機材について

      2018/06/30

商品撮影の場合は、室内での撮影が多いですので、照明の光の種類などにより、商品写真のイメージが異なってきます。今回は、光源の種類や撮影照明の種類などをご紹介します。

■いろんな光源の種類がある

商品写真を撮るためには、光源が必要になってきます。主に、窓からの自然光(太陽の光)、定常光(蛍光灯、LEDライト、電球)、フラッシュ(ストロボ)などがあります。

■商品撮影に自然光を使うのは難しい

商品撮影は、室内での撮影が多いですので、窓からの自然光(太陽の光)を利用して、きれいに撮影することはできます。ただし、時間帯や天候などにより、光の位置・量などが変動するため、複数の写真を同じように撮影することができないなど、商品撮影の光源としては、難しいといえます。

■人工の光をつくる照明機材

商品撮影する場合、照明機材を使って、撮影します。照明機材からでる光のことを、人工光といいます。自然光と違い、人工光は、安定した光を得られます。
人工光のなかでも、大きく分けて定常光(蛍光灯、LEDライト、電球)とフラッシュ(ストロボ)にわかれます。
定常光は、部屋の照明にも使われており、一定の光を保つため、商品にどのように光が当たっているのか確認がしやすく、細やかな調整もしやすいですので、初心者でも扱いやすいです。逆に、フラッシュ(ストロボ)は、瞬間的に大量の光を発するため、商品にどのように光が当たっているのか確認することが難しく、また、光量の調節が難しいため、それなりの技術と経験が必要となります。

■商品撮影用のライト(光源)は何がよい?

商品撮影の際に使われる汎用性が高い光源は、定常光の「蛍光灯」と「LED」です。ただし、プロのカメラマンなど、経験値がある人は、フラッシュ(ストロボ)のほうが使いやすい人もいるようです。

①蛍光灯について
蛍光灯の特徴としては、影ができにくく、商品の素材感や形状などを、明るく撮影できるため、初心者でも扱いやすいです。蛍光灯の種類ですが、青白い色味の「昼光色(クール色等)」、温かみのある色味の「電球色」があります。できれば、自然な白色味が表現できる、全方向タイプの「昼白色」のものを選ぶとよいでしょう。
また、ソケットに装着して使用できる蛍光灯に「電球形蛍光灯」があります。熱をあまりもたないタイプですので、背景紙として使うケント紙や市販(自作)のディフューズボックスにも近づけることができます。主な種類は、40w、60w、100wの3タイプがあります。

② LEDについて
近年、使用する人が多くなってきたのが「LED」です。LEDは、太陽光に近い自然な発光色で、蛍光灯より光量が安定しています。また、発熱しにくく、耐久性もありますので、使いやすいです。種類としては、「昼白色」「昼光色」「電球色」があります。購入する際は、直下方向か、全方向に光が広がるものか、確認してから購入しましょう。どうしても「撮影用」が欲しい人は、撮影用の大光量であるLED電球があります。

■いろいろある撮影照明の種類

①ランプホルダー
ランプホルダーとは、電球を差し込んで使うソケット(器具)です。通常、ライト専用のスタンドに、ランプホルダーを固定して使用します。
種類は、ソケットの部分のみ、ソケットの部分にクリップがついたもの、中間スイッチ付きなもの、カメラ用三脚にも取り付け可能なものなど、種類も豊富です。様々な機材と組み合わせて使うことができ、比較的に光の向きを調節しやすいです。

②卓上ライト
デジタルカメラで、小物撮影するときに便利です。撮影台の上に設置して、商品を明るく撮影することができます。LEDを使用しているものや、自由に曲がるスタンドアームなどがあります。比較的に、光源の位置を調節しやすいです。

③ソフトボックス
多様な光をつくることができるため、商品の大小に合わせ、光の当て方に変化がつけられます。主に「直射式」と「反射式」がありますが、商品撮影には、「直射式」が向いており、光の強さなどがコントロールしやすいです。ソフトボックスは、大きさや形など、種類が様々ありますので、購入する際は、自分が使いやすいものを選びましょう。

■まとめ

いろいろある照明機材をうまく利用して、商品の魅力を引き出した写真を撮ってみましょう。

 - 出張撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

平面的な本・書籍を立体的に撮影する方法とコツ

本などの書籍の商品を撮影するポイントは、平面的ですので、影で厚みを表現する体的に …

デジタルカメラについている露出補正を使って理想の撮影に!

デジタルカメラについている露出補正を使って理想の写真に! 一眼レフカメラやコンパ …

撮影をプロに依頼すること

目次1 コストと時間の節約なら商品撮影2 クオリティの高い商品撮影なら3 プロに …

マニキュアやコスメ商品をやわらかい感じで撮るコツ

マニキュアなどのコスメ商品は、やわらかな感じで撮影しますと、見ている人にイメージ …

見た目通りの明るさに!商品撮影の基本「露出補正」

露出補正は、写真を明るくしたり、暗くしたりしてくれる大切な機能です。自動露出もあ …