商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

商品撮影に便利な簡易スタジオを使おう!

      2018/06/30

自宅や職場で、時計やアクセサリーなどの光る小物商品を撮影する場合、どうしても光が反射してしまったり、映り込みが、多くなったりしてしまうことがあります。それをどうやったら防いで、きれいに商品を撮ることができるのかと悩む人も多いと思います。そんな時に、役立つのが「簡易スタジオ(ディフューズボックス)」です。ここでは、特徴などをご紹介します。

■いろいろな呼びかたがある簡易スタジオ

簡易スタジオという機材の呼び名は、いろいろとあります。例えば、ディフューズボックス、ミニ撮影ボックス、卓上スタジオ、ミニスタジオ、写真撮影用、写真撮影テント、撮影ブース、小型の写真スタジオなどです。

■手軽にプロ並みの小物撮影ができる簡易スタジオ

本格的な撮影スタジオを使わず、自宅や仕事場で、時計や宝石などの商品撮影が手軽にできる小型の簡易スタジオ(ディフューズボックス)のことです。簡易スタジオで、プロ専用の機材をセッティングして撮影するのと、同じような光の条件をつくることができる機材です。
簡易スタジオの使いかたとしては、撮影台として利用するテーブルなどの上に、広げて置くだけです。ライトの光を、メイン光として横から、補助光として上から照射します。簡易スタジオは、天面、背面、左右の面の4方向に、透過性のある布などが張られていますので、どこから光を照射しても、柔らかい光で、商品を照らすことができます。組み立てが簡単で、撮影が終われば、コンパクトに収納が可能です。

■自然光に近い光がつくれる簡易スタジオ

商品撮影している際に、商品の素材により、光の反射が強かったり、商品への映り込みが激しかったりする場合があります。そんな反射が強い商品(被写体)に対して、便利なのが「簡易スタジオ(ディフューズボックス)」です。
光(ストロボ)と商品(被写体)との間に、透過性のある布などの素材を挟むことで、強い光が拡散され、全体的に柔らかい光を当てることができます。
また、商品(被写体)の反射や余分な映り込みを防いでくれますので、影をつくらずに、きれいに撮影することができます。また、背景紙を一緒にセットすることで、奥行きをだすことができます。
本格的なスタジオ撮影では、透過性のある布ではなく、幅広な半透明なトレーシングペーパーという特殊な紙を使用しているところが多いようです。

■いろんな形状がある市販の簡易スタジオ

市販で売られている簡易スタジオ(ディフューズボックス)は、例えば、三角形、真四角、円柱形など、いろいろな形があります。特に、半円形のドーム型を使用する人が多いようです。その理由は、天井から斜めに光を照射できることから、光が効率よく全体にまわりやすく、商品撮影にも使いやすいからです。

■簡易スタジオは、サイズに気をつけよう

簡易スタジオ(ディフューズボックス)の形状も豊富ですが、いろいろなサイズがあります。選ぶポイントとしては、撮影する商品に、合わせたサイズを選ぶことが大事です。
例えば、指輪や時計などの小さな商品を撮影する場合、あまりにも大きいサイズのものを選んでしまいますと、商品とライトの距離が遠くに離れすぎてしまい、全体的に光が効率よく当たらなくなります。そのため、硬質な雰囲気でキレのない写真が出来上がってしまいます。また、大きな影ができやすく、余計な映り込みが入りやすくなります。

もし、大きめな簡易スタジオ(ディフューズボックス)で、小物を撮影する場合は、簡易スタジオ内の左右どちらかの隅に商品を置いて、レフ板で、仕切りをつくり、空間を狭くしてから、撮影すると良いでしょう。
このように、場合によっては、撮影する商品の大きさに合わせて、簡易スタジオ(ディフューズボックス)内に置く位置を変えることで対処することもできます。

■まとめ

簡易スタジオを使用する際は、通常は、同じ種類のライトが2灯必要となります。また、簡易スタジオは、自作することもできます。本格的に商品撮影をするのであれば、市販の簡易スタジオを持っていると便利です。

 - イメージ撮影, 出張撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

衣料品の撮影で商品を魅力的に撮るコツ!

ポロシャツやTシャツなどを撮影する場合、洋服の素材感と形のきれいさがポイントとな …

腕時計撮影のコツ・テクニック

簡単そうに見える腕時計の撮影ですが、実は、反射の部分が多くありますので、商品撮影 …

ネックレス・アクセサリーを上品に撮れるコツ!

ネックレスは、キラキラと輝く光物ため、撮影は、難しいです。特に、人気の真珠(パー …

iPhone・スマホ動画で魅せる商品動画撮影方法

写真撮影と同時に、商品動画撮影を利用する企業が増えてきました。簡単な動画なら、i …

ホワイトバランスとISO感度を活かす商品撮影をしよう

商品撮影のときにも役立つ、ISO感度とホワイトバランスについて、ご紹介します。I …