商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

カメラで商品撮影する際は光をディフューズ(拡散)しよう

      2018/06/30

商品撮影するときには、光の質とディフューズ(拡散)を知っておきますと、便利です。工夫することで、自宅や職場でも、いろんなバリエーションの商品写真を撮ることができます。ぜひ、覚えておきましょう。

■商品撮影でも大事なディフューズとは?

ディフューズとは、「広める」、「拡散する」という意味があります。カメラ撮影においては、照明などの光と商品(被写体)の間に、半透明のトレーシングペーパーや布などを置き、光を拡散させるというテクニックです。光のトーンが、柔らかくなることで、被写体を自然な感じに撮ることができます。一般に、拡散光と言います。
商品撮影する際に、直接に商品(被写体)に光を当てずに、ディフューズ(拡散)することにより、全体的が明るくなり、商品(被写体)の影が抑えられて、目立たなくなります。また、光が拡散することで、自然光のような柔らかい光に変わることで、明暗の差(コントラスト)がなくなり、白飛びや黒つぶれなどの現象を防いでくれます。

■商品撮影に必要なディフューザーとは?

「ディフューザー」とは、ディフューズに使う「素材」や、「光を拡散させる器具」のことを言います。主に、市販のディフューザーをはじめ、白色の薄布、乳半アクリル、樹脂板、パラフィン紙、トレーシングペーパー、ビニール(アキレスフィルム等)、ソフトボックス、アンブレラ (傘トレ)などが、使われています。
また、光源とディフューザーの距離が近いですと、硬い光になります。商品撮影のイメージによって、距離を変えていくことで、様々な違った写真を撮ることができます。他にも、ディフューザーの面積が大きいほど、広い範囲に、光が回ります。

■光の質「硬い光」と「柔らかい光」とは?

カメラで撮影する場合、光は必須です。光の種類や方向性も大事ですが、光の質も、商品撮影するためには、理解しておくが大切です。主に光の質として「硬い光」と「柔らかい光」があります。

①硬い光とは?
光が、そのまま直接、被写体に当たっている状態のことです。例えば、舞台で、使われるスポットライトです。光が強い直線のため、被写体の当たったところだけ、光を強く照らすため、明暗の差が激しいです。また、白飛びや黒つぶれが起きやすいです。

②柔らかい光とは?
何かで光が拡散されてから、被写体に光が当たっている状態のことです。
例えば、夏の暑い日差しを、日傘で防ぐことで、日差しが柔らかくなり、暑さを防ぐことができます。
商品撮影の場合は、全体的に柔らかい光が被写体に照らされることになるため、影は薄く、明暗の差(コントラスト)は低くなります。柔らかい光を使って撮影すれば、優しい、柔らかい、ほんわかした雰囲気の写真を、撮ることができます。

■撮影時に光の質を変える方法

1つには、光源の選択があります。光源には、自然光(太陽の光)、蛍光灯、LEDライト、電球、フラッシュ(ストロボ)などがあります。例えば、光の強さが同じでも、光源によって、光の質は変わります。他には、レフ板や壁などに光をバウンス(反射)させることで、光質を柔らかくすることができます。また、ディフューズ(拡散)させることです。

■まとめ

商品撮影する際は、光の質を調整するためにも、ディフューザーの位置を動かしながら、影がどのように変わるのか、確認しておきましょう。

 - イメージ撮影, 出張撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

メイン・補助光の役割とレフ版の種類を知っておこう

商品撮影では、商品の特徴を伝えることが大事です。メイン光と補助光を調整し、レフ板 …

ハンドメイド作品やぬいぐるみの雑貨写真を撮る方法

ぬいぐるみ、かわいい小さな置物、ハンドメイドの雑貨などの撮影は、比較的に手軽に撮 …

立方体や直方体の箱をきれいに撮影するコツ

簡単に撮影できそうなのが、お菓子が入っている箱やティッシュペーパー箱です。実際、 …

白とびや黒つぶれを防ぐ!ヒストグラム

撮影しているときに、白とび(露出オーバー)や黒つぶれ(露出アンダー)になってしま …

【未経験者・初心者向け】商品撮影をするならまずは知っておこう!

未経験者や初心者のなかには、商品をきれいに撮影したいとカメラを用意しましたけど、 …