商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

商品写真を魅力的に見せる構図

      2018/06/30

商品撮影でも、必要不可欠なのが構図です。構図を意識することで、写真の完成度が高まります。プロのカメラマンも必ず構図を意識して撮影しているほどです。今回は、構図に関して、ご紹介します。

■商品撮影する前に

商品撮影だけではなく、通常、写真撮影する前には、必ず「何をどう撮影するのか」ということを考えることが、大切です。「何」という部分は、主被写体(主役)となりますので、ここでは、商品のことになります。また、「どう撮影する」(写真の主題)という部分は、どんなふうに撮りたいのか、商品をどう見せたいのか、ということです。

■商品写真を構成する3つのポイント

商品写真を構成する要素には、商品(主被写体)、どんなふうに撮りたいのか(写真の主題)、方法(画面構成・構図、角度、明るさ、背景、レンズ等)があります。例えば、ネックレスを撮影したい場合、それを「上品に表現したい」と決め、それを伝えるために、構図は?見せる角度は?ボケ感は?などを、決めていく必要があります。構成をしっかりすることで、伝えたいことが明確になり、より良い商品の写真が出来上がります。逆にいえば、何となく撮影したものは、何を伝えたいのかわからない写真ということになります。

また、同じ商品でも「商品をどう見せたいのか?」(写真の主題)が変われば、構図や撮り方が変わってきます。もし、写真の主題に迷うことがあった場合は「その商品の魅力とは、何か?」を考えてみると良いでしょう。

■いろいろな構図がある

構図とは、商品(主被写体)や引き立ての脇役(飾り等)などのバランスや、配置を決める画面構成のことです。特に決まりはない構図ですが、構図法と呼ばれる画面構成の基礎パターンが、幾つかありますので、迷ったときに、参考にしてみると良いでしょう。
主な構図には、「日の丸構図」「3分割法」「対角構図」「垂直線構図」「S字構図・C字構図」「囲み系構図(トンネル構図等)」などがあります。

■日の丸構図

誰でも簡単にできるのが、日の丸構図です。日の丸構図は、画面中央に、商品(主被写体)を配置する構図法です。中央に視線が集まりやすく、余分な情報が入ってこないため、商品の魅力を、ストレートに伝えることができます。また、商品が目立つ背景に変えたり、背景をぼかしたりすることで、また違ったイメージでの撮影ができます。

■3分割法

商品撮影での基本となるのが、3分割法です。画面の横と縦を、それぞれ3分割し、それぞれのラインの交点に商品(主被写体)を置きます。そうすることで、バランスのとれた画面となり、写真を印象的に見せることができます。
ポイントとしては、強調したいものを画面に多く配分することです。例えば、造花などの小道具と商品を一緒に撮影した場合、商品を強調したいときは、商品を多く配分し、小道具の配分を少なくします。
また、商品をアップして撮影する場合は、商品のポイントとなるところを、交点に置きます。例えば、ぬいぐるみの目や、おもちゃの窓などを交点に置いて撮影すると、バランスよく撮影できます。

■対角構図

対角線上に、商品を配置する構図を、対角線構図といいます。対角線に配置することで、動きや遠近感をだすことができます。
例えば、電車のおもちゃで、赤と黄色の2台を撮影する場合、手前に赤を置き、その対角線の後ろに黄色を置きますと、バランスのとれた雰囲気がある写真を撮影することができます。

■S字構図・C字構図

CやSなどのアルファベットの形を意識した、曲線の構図です。料理やスイーツ系などに、多く使われます。例えば、スイーツをのせたお皿を少しかけたように撮影しますと、Cのアルファベットのようになります。また、S字のような緩やかなカーブ上に、被写体を置くことで、縦・横一列で撮影するより、バランスのとれた写真を撮ることができます。

■囲み系構図(額縁構図、サインドイッチ構図、トンネル構図)

商品の周りを何かで囲んで、商品に視線誘導をする構図です。囲み系構図は、周囲が暗いため、明るいところに目線がいきやすくなります。その明暗差を利用することで、商品を強調することができます。

■まとめ

商品撮影に関わらず、構図は大事です。「どんなふうに撮りたいのか」、「商品をどう見せたいのか」に合わせて、構図をうまく利用してみましょう。

 - 出張撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

カメラで商品撮影する際は光をディフューズ(拡散)しよう

商品撮影するときには、光の質とディフューズ(拡散)を知っておきますと、便利です。 …

商品撮影の映り込み

目次1 商品撮影で映り込みを防ぐ為に2 商品撮影をプロに任せるメリットは沢山あり …

アングルとポジションについて!商品撮影基礎

商品撮影をするとき、どうしたら商品がよりよく伝わる画面構成(構図)になるのか考え …

これがあれば手ブレなし!カメラ用リモコンとレリーズ

商品撮影する際、ブレは禁物です。ブレを最小限に抑えられる、カメラアクセサリーがあ …

カメラで商品撮影する際は「背景」を工夫することが大事!

商品撮影で大事なことは、商品の形状や色などの特徴を伝えることが大切になってきます …