アングルとポジションについて!商品撮影の基礎

      2022/09/09

商品撮影をするとき、どうしたら商品がよりよく伝わる画面構成(構図)になるのか考える必要があります。アングルやポジションを意識することで、同じ商品でも、画面構成(構図)がかなり変わってきます。ここでは、アングルとポジションの使いわけについて、ご紹介します。

■アングルを意識した撮り方をする

アングルは、商品(被写体)に対して、カメラを構える「角度(上下左右)」のことを呼びます。画面構成(構図)を決めるにあたっても、大事になってきます。アングルには、「水平アングル」「ハイアングル」「ローアングル」があります。アングルは、商品によって変わってきます。

■水平アングル(目高・めだか、アイレベル)

水平アングルとは、商品(被写体)に対して、カメラを水平に構えることです。もっとも、標準的なカメラのアングルになります。実際の目線に一番近くなりますので、はっきりと被写体を捉えることができ、安定感ある写真を撮ることができます。また、いろいろなシーンに対応することができるアングルです。

■ハイアングル(俯瞰・ふかん)

ハイアングルとは、商品(被写体)に対して、カメラを下に向けることです。商品(被写体)を上から見下ろすように撮るということです。
商品(被写体)の形や色など、全体的な状況を捉えやすいため、客観的な印象になりやすいです。例えば、化粧品のパッケージを演出的に撮影したり、料理の盛り付けを、全体的に見せたりすることができます。また、撮影する際に気をつけるところは、カメラマンなどの影が映らないようにすることです。

また、カメラを真下に向けて撮影することを「俯瞰(ふかん)撮影」と言います。パノラマのように、高い所から見下ろすように撮影することを「俯瞰(ふかん)」と呼び、商品(被写体)の真上から、カメラを下に向けて撮影することを「真俯瞰(まふかん)」と呼びます。全景を、きれいに捉えることができます。

■ローアングル(煽り・あおり)

ローアングルとは、商品(被写体)に対して、カメラを上に向けることです。要は、見上げて撮るということです。
このアングルで、背の高い商品を撮影しますと、高さが強調され、迫力あるダイナミックな印象に表現できます。また、立体感がでやすいのも特徴です。

また、ローポジションから、被写体を見上げるように撮影することを、「煽り(あおり)」撮影と呼びます。被写体を大きく見せることができるため、威圧・権威や強さを表現することができます。

■カメラポジションで商品撮影は変わる

ポジションとは、商品(被写体)に対するカメラの位置(高低)のことです。カメラポジションには、「アイレベル」「ハイポジション」「ローポジション」があります。人が立った目線の高さと同じくらいの位置を「アイレベル」と呼び、アイレベルより高い位置から撮ることを「ハイポジション」、逆に、アイレベルより低い位置から撮ることを「ローポジション」と呼びます。

■まとめ

商品撮影するときは、カメラの位置や角度を意識した撮り方をしましょう。また、カメラポジションやアングルを変えることで、商品の雰囲気が伝わる背景を調整することもできます。

 - 出張撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

写真撮影に必要なデジタルカメラ!種類・特徴を知っておこう

美しい景色やインスタ映えするスイーツなどを撮影したいというときには、カメラが必要 …

iPhoneやスマホでキレイな商品写真を撮るコツ!基本編

オークション出品や自社のネットショップなどで、小物商品を紹介する場合、手軽なip …

アクセサリーやジュエリーを上品に撮るコツ

ネックレスは、キラキラと輝く光物ため、撮影は、難しいです。特に、人気の真珠(パー …

革製品の靴を撮るコツ

革製品の靴・シューズの撮影で悩んでいるかたも多いと思います。靴・シューズは、形状 …

光をディフューズ(拡散)しよう

商品撮影するときには、光の質とディフューズ(拡散)を知っておきますと、便利です。 …