商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

商品撮影のライティングは光の質・光の方向が大事

      2018/06/30

商品撮影において、カメラのライティングは、必要不可欠です。商品の特徴をうまく伝えるためにも、様々なライティングを試してみることが、大事になってきます。今回は、基本となる光の質・光の方向について、ご紹介します。

■商品撮影のライティングとは?

商品撮影のライティングとは、光をコントロールして、イメージ通りの光をつくり、商品に、どの光の質を、どのような角度から当てるのかということです。
商品撮影で大切なことは、形状や特徴などの商品に関する情報を正しく伝え、なおかつ、商品のイメージをどう魅力的に伝えるかが重要になってきます。

■基本3つの光の質がある

主に、光の質には「直射光」「透過光」「反射光」があります。商品のイメージに合わせて、光を使いわけることが大切です。

①直射光
直射光は、そのまま、直接商品に光を当てた状態です。商品に直接、力強い光が当たるため、影が濃くでます。かたい光で、明暗がはっきりするため、ドラマチックな雰囲気や力強いイメージの写真に向いています。

②透過光
透過光は、例えば、電球型蛍光灯の前に、トレーシングペーパーや布などを置き、光を拡散させた状態です。商品の広い範囲に、均一に光が当たるため、商品の形状など、はっきり見せる説明的な写真に向いています。

③反射光
反射光は、白い壁や白い天井などに光を反射させて、商品に当てた状態です。反射してきた光が弱いため、陰影が薄く、ふんわりとしたやさしい雰囲気のイメージ写真に向いています。

■光の照射方向(見方)は商品撮影でも大事

商品は、いろいろな色、形やサイズがあります。そのため、「商品をどのように魅せたいのか」「どう撮影したいのか」を考えてから、照射方向を決めることが大事です。光の当たり方によって、商品写真のイメージは、大きく変わってきます。主な光の照射方向は、正面(順光)、真横(サイド光)、真後ろ(逆光)、真上(トップライト)、斜め前45度(斜光)、斜め後ろ(半逆光)があります。

①正面(順光)
順光とは、商品(被写体)の正面から、光が当たっていることです。
本来の商品の形や色をはっきりと描写したいときに向いています。ただし、料理などを撮影しますと、陰影の立体感がでないため、仕上がりが平面的になってしまいますので、避けたほうが良いでしょう。どちらかといったら、記念撮影、花や自然風景などの撮影に適しています。

②真横(サイド光)
商品(被写体)を、真横から照らしてくれる光のことです。陰影の立体感がでて、色のコントラストがはっきりするため、商品の素材の質感などを、きれいに表現できます。ただし、商品の半分くらいが影になってしまうため、撮影する際に、工夫することが必要となります。

③真後ろ(逆光)
商品(被写体)の真後ろから、光が照らしてくれることです。そのため、商品(被写体)の全面が暗く映ってしまいます。手前からの補助光が必要となったり、露出補正で明るさを変更したりすることが多いです。商品撮影の場合は、瓶などの透明感を表現するのに、向いている光です。

④真上(トップライト)
商品(被写体)の真上から光が当たることです。スタジオ撮影では、よく使われる光です。商品全体的に、光が回るため、商品の色や質感などを、きれいに撮るのに向いています。また、全体を明るくする補助光のように、利用されることもあります。

⑤斜め前45度(斜光)
光が斜め(45度)から、商品(被写体)に当たることです。光と影のバランスがよく、適度な影ができやすいため、商品の立体感や質感を表現するのに向いています。また、補助光で影を和らげるなどで、イメージ表現を変えることもできます。

⑥斜め後ろ45度(半逆光)
真後ろ(逆光)と真横(サイド光)との中間にあるのが、半逆光です。商品(被写体)の斜め後ろからくる光のことです。光源に近い側のエッジが光るため、立体的・抽象的な印象になります。商品撮影の場合は、大部分が暗くなりますので、補助光と組み合わせて、使う必要になります。

■まとめ

光の質と照射方向(光の見方)をいろいろと組み合わせることにより、魅力ある商品写真を撮ることができます。ぜひ、試してみてください。

 - イメージ撮影, 出張撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

商品撮影でも使える!カメラレンズについて知っておこう

商品を、美しく鮮明に撮影する際に、カメラレンズは、どのレンズが良いのかと、迷って …

カメラで商品撮影する際は光をディフューズ(拡散)しよう

商品撮影するときには、光の質とディフューズ(拡散)を知っておきますと、便利です。 …

商品撮影のピント

  目次1 商品撮影でピンぼけにならないように2 商品撮影のピントを合 …

撮影のストロボの役目

目次1 人工光を使用した商品撮影のメリットについて2 商品撮影で活躍するストロボ …

商品撮影のバック、レフ板

目次1 商品撮影で必要なバック紙2 商品撮影ではレフ板を使用するのは得策です3 …