商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

白とびや黒つぶれを防ぐ!ヒストグラム

      2018/06/30


撮影しているときに、白とび(露出オーバー)や黒つぶれ(露出アンダー)になってしまうことがあります。今回は、白とびと黒つぶれの原因やヒストグラムなどについて、ご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

■AUTOモードでも万能ではない

AUTOモード(簡単撮影モード)で撮影しますと、適正露出となるように、カメラがシャッタースピードや絞り値などを自動的に決めてくれます。ただ、AUTOモードも万能ではないため、被写体の状況などにより、適正露出が行われず、画像が明るすぎたり、暗すぎたりすることがあります。

■白とびとは?

例えば、露出が合っていませんと、被写体の明るい部分の強弱が失われ、本来の色があるところが、全て白一色となってしまいます。そのことを「白とび」又は「露出オーバー」と呼びます。白とびの原因としては、適正露出以上の露出(露出が合っておらず露出させすぎ)、撮る商品の明暗差が激しい、ISO感度の数値が大きすぎるなどが、挙げられます。

■ハイキーの特徴

意図的に適正な露出よりも明るく撮影することを「ハイキー」と呼びます。イメージ的には、柔らかい、温かい、やさしい、キュートな感じなどを表現することができます。ただし、余りにも明るすぎると「白とび」の状態になりますので、気をつけましょう。

■黒つぶれとは?

例えば、逆光で撮影しますと、明暗差が激しくなり、カメラが暗い部分の色を黒と判断してしまいます。そのため、暗い部分が、黒一色になります。そのことを「黒つぶれ」又は「露出アンダー」と呼びます。黒つぶれの原因としては、逆光、露出が合っていない、撮る商品の明暗が強すぎるなどが挙げられます。

■ローキーの特徴

ハイキーとは逆に、適正な露出よりも暗く撮影することを「ローキー」と呼びます。被写体の一部に明るい部分があることが前提となります。
イメージ的に、冷たい、シャープ、固い、重厚などの雰囲気を表現できます。

■ヒストグラムを使ってみよう

ヒストグラムを利用すれば、撮影した画像の露出が良いか否かを客観的に、カメラの液晶画面で確認することができます。写真のヒストグラムは、画像の明暗分布を表す棒グラフです。画像全体で、ある明るさの部分がどれくらいの割合を占めているのかがわかります。
ヒストグラムの横軸は、画像の明るさを表しており、縦軸は、それぞれの※明るさのデータが全体画像のなかに、幾つあるのか(ピクセル数)を表しています。横軸の明るさのデータ(※)は、0~255あり、棒グラフの山が、左側(階調0)に集中していると暗い写真になり、右(階調255)に集中していると、明るい写真になります。写真を撮ってすぐに情報を得られるため、便利な機能です。

■白とびや黒つぶれを確認できる

白とび(露出オーバー)になっているときは、棒グラフの右側に多くの山がでます。逆に黒つぶれ(露出アンダー)になっている場合は、左側に多くの山ができます。理想的なヒストグラムは、左右の山が偏ることなく、全体的に分布されているものです。一般に、左が10くらいから始まり、右が245くらいで終わるデータが良いとされています。
もし、棒グラフの山が偏っていたら、露出補正機能を使って調整しましょう。
ただし、カメラの機種にもよりますが、露出補正で、ある程度の段階(プラスマイナス各2段くらい)を超えてしまいますと、補正の範囲外となり、白とびや黒つぶれの部分が、画像補整できなくなることもありますので、注意しましょう。

■まとめ

液晶モニターで、ヒストグラムを確認することで、適正露出かどうかがわかり、白とび(露出オーバー)や黒つぶれ(露出アンダー)といった失敗を最小限に抑えることができます。また、コントラスト(明暗の差)も判断できますので、ぜひ、活用してみましょう。

 - イメージ撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

iPhone・スマホ動画で魅せる商品動画撮影方法

写真撮影と同時に、商品動画撮影を利用する企業が増えてきました。簡単な動画なら、i …

立方体や直方体の箱をきれいに撮影するコツ

簡単に撮影できそうなのが、お菓子が入っている箱やティッシュペーパー箱です。実際、 …

カメラで商品撮影する際は「背景」を工夫することが大事!

商品撮影で大事なことは、商品の形状や色などの特徴を伝えることが大切になってきます …

商品写真を魅力的に見せる構図

商品撮影でも、必要不可欠なのが構図です。構図を意識することで、写真の完成度が高ま …

ポートレート撮影するときにも役立つ!光の読み方(光の種類)

  スマホや一眼レフカメラなどで、何かを撮影するときには、十分な光量が …