商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

JPEGとRAWの違い!商品撮影基本「ファイル形式」

      2018/06/30

商品を撮影した画像を、記録する際のファイル形式には、JPEGとRAWがあります。それぞれ、圧縮、データ量やパソコンの表示方法などが違います。あまり難しく考えないで、こういうものがあると、認識しておきましょう。ぜひ、参考にしてください。

■画質モードとは?

画質モードとは、画像を保存するときに「ファイル形式」と「圧縮率」を決めることです。撮影する前に選択することができます。主な、ファイル形式は RAW、JPEGです。カメラの機種によっては、TIFFが使える場合があります。

■プロ級向きのRAW(ロウ)

通常、撮影したデータは、カメラが自動的に画像処理をしてから、記録されます。RAWは、英語といいますと、「生」という意味があります。
RAWは、撮像素子(イメージセンサー)から、直接出力されたデータなため、
画像処理される前の未処理(生データ)の状態です。パソコンで、専用ソフト(RAW現像ソフト)を使って、画像の露出補正、明るさ、カラーバランスなど、あらゆる画質調整を、自らが調整することが前提となります。
そのため、JPEGよりも、大幅な画像の修正が可能ですので、理想の写真に仕上げていくことができます。どちらかといったら、細かい色の部分まで、こだわりをもつ方や、プロカメラマン向きです。また、画質を劣化せずに、画像処理できるところも特徴です。

■そのままでは使えないRAW

ただし、RAWで保存した画像は、そのままWEB上や印刷(プリント)で利用することができませんので、一旦、TIFFかJPEGに変換する手間があります。
また、圧縮されていないため、ファイルサイズが大きく、メモリーカードに保存できる枚数が限られます。
さらに、同じRAW形式のファイルでも、カメラのメーカーが異なりますと、データは別ものとなり、各社個別の専用ソフトがなければ、見ることも、画像処理をすることができませんので、注意が必要です。

■扱いやすいJPEG(ジェイペグ)

近年は、WEBや印刷などに気軽に使えるJPEGが主流となってきています。JPEGは、データを圧縮して保存するため、そのままの状態で、WEBや印刷などに利用できます。また、RAWに比べて、ファイルサイズが小さいため、メモリーカードに、多くの枚数を保存することができます。一般的なソフト(インターネットエクスプローラー等)で、パソコンに表示することが可能なため、使いやすいのも特徴です。

また、カメラの画像モードで、圧縮の度合いを、FINE(1/4圧縮)、NORMAL(1/8圧縮)、BASIC(1/16圧縮)の中から、選択することができます。
圧縮率が高ければ、画像は粗くなるため、FINE(圧縮率低い)は、高画質となり、BASIC(圧縮率高い)は、低画質になります。
また、BASICは、圧縮率が高いため、ファイルサイズが小さくなりますので、画像を通信で送るのには適しています。一般的には、真ん中にあたるNORMALが推奨されています。

■RAW+JPEG画像で保存

商品撮影の場合は、保存用のRAW 画像と、確認用のJPEG画像を、同時記録・保存しておくと良いでしょう。カメラの機種にもよりますが、画質モードRAW+BASIC(JPEG)、RAW+NORMAL(JPEG)、RAW+FINE(JPEG)など、同時に、二つの形式で、記録することができます。

■画像サイズ(容量)とは

通常、カメラには、画像のサイズを指定できる機能がついています。サイズは、S(スモール)、M(ミドル)、L(ラージ)があります。
目安としては、名刺やハガキサイズの使用であれば、Sサイズ、紙媒体やWEBでは、MかLサイズが良いでしょう。
また、元の画像サイズが小さいのを、大きく拡大しますと、拡大倍率が高くなり、画像が粗くなります。特に、用途が決まっていない場合は、一番大きなLサイズを選択しておくと良いでしょう。

■まとめ

商品を撮影した写真は、チラシ、カタログ、WEBなど、使用する用途は、様々です。用途に合わせて、ファイル形式や画像サイズを選び、設定しておきましょう。

 - 出張撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

子供の運動会や愛犬の姿を!一眼レフ撮影で失敗しない方法

  様々な表情をする子供の運動会や、かわいいしぐさや表情をする愛犬の姿 …

癒される!ふんわり写真を撮影してみよう!

  最近は、はっきりとした鮮明な写真かというよりは、「ふんわり」とした …

革製品の靴・シューズの写真の撮り方

革製品の靴・シューズの撮影で悩んでいるかたも多いと思います。靴・シューズは、形状 …

上手な鉄道模型の撮り方!フォルムの美しさを表現するコツ

商品撮影で簡単のようで難しい商品が、鉄道模型です。今回は、鉄道模型の細部まで、判 …

見た目通りの明るさに!商品撮影の基本「露出補正」

露出補正は、写真を明るくしたり、暗くしたりしてくれる大切な機能です。自動露出もあ …