商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

これがあれば手ブレなし!カメラ用リモコンとレリーズ

      2018/06/30

商品撮影する際、ブレは禁物です。ブレを最小限に抑えられる、カメラアクセサリーがあります。今回は、操作がしやすい「レリーズ」(リモートレリーズ)と「ワイヤレスリモコン」をご紹介します。

■商品撮影に便利なレリーズ

正式名称は、「リモートレリーズ」と呼びます。カメラのシャッターの開閉を、遠くからでも操作できる、カメラアクセサリーです。
レリーズを使用することで、カメラのブレを、最小限に抑えることができるのが利点です。商品撮影は、三脚に、カメラを固定して撮影を行いますので、ブレの心配はなさそうに思えますが、直接シャッターボタンを押すことで、少なからずカメラに微動を与えることになります。そのため、場合によっては、カメラのブレを、起こすことがあります。

レリーズは、遠くからシャッターボタンを押すことができるだけでなく、「シャッターを開けたままの長時間露光の撮影」、「半押しによるオートフォーカス」、「連続撮影(連写)」などができます。特に、シャッターを切るときに、カメラがほとんど揺れないため、商品撮影以外でも、スローシャッター時や夜景などの望遠レンズでの撮影時にも適しています。

■レリーズには無線と有線がある

レリーズは、純正品とサードパーティ製品があり、大きく分けますと、純正品は、キヤノンやニコン、サードパーティ製品は、多くのメーカーから発売されています。種類は、カメラにケーブルを直接接続する「有線式」と、赤外線式と電波式の2タイプがある「無線」があります。
購入する際は、搭載している機能と、必ず自分のカメラに対応しているのかを確認しましょう。また、全押しのレリーズですと、マニュアルフォーカスしか対応していませんので、もしオートフォーカスを利用されている方は、半押し機能が搭載されているものが良いでしょう。

■便利なワイヤレスリモコンとは?

正式名称は、ワイヤレスリモートコントローラと呼びます。ワイヤレスリモコンは、ケーブル接続がいらず、手軽に遠隔操作ができるカメラアクセサリーです。使い方は、三脚などでカメラを固定した後、カメラのリモコン撮影設定(セルフタイマー等)で、設定したいモードに合わせます。
その後、構図を決め、5m以内の距離で、リモコンの送信部を、カメラの前面についているカメラの受信部に向けて、送信ボタンを押すことで、撮影されます。記念写真などで、自分も一緒に写りたいときや、自分撮りなどに向いています。

■カメラのセルフタイマー機能もブレに使える

デジタルカメラには、一定時間がくると自動的にシャッターを切る「セルフタイマー機能」が搭載されています。近年は、スマホのアプリでも登場しており、グループ撮影や自分撮りに役立ちます。
他にも、夜景などの暗い場所の撮影に向いています。暗い場所の撮影になりますと、ブレが発しやすいため、例えば、セルフタイマーを2秒に設定し、構図を決めた後、シャッターボタンを押して撮影することで、手ブレ防止ができます。

■まとめ

手ブレを防ぐ「リモコン」「レリーズ」「セルフタイマー機能」を上手く利用して、ブレのないイメージ通りの商品写真を撮ってみましょう。

 - 出張撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

インスタ映えする写真を上手に撮影するには?(撮影の構図)

スマホ、コンパクトカメラや一眼レフカメラで撮影したときに「何かピりっとしない写真 …

簡単にできる透明グラスやガラス器の撮影方法

透明なグラスやガラス器の撮影で悩んでいる人が多いのではないでしょうか。透明なガラ …

メイン・補助光の役割とレフ版の種類を知っておこう

商品撮影では、商品の特徴を伝えることが大事です。メイン光と補助光を調整し、レフ板 …

ネックレス・アクセサリーを上品に撮れるコツ!

ネックレスは、キラキラと輝く光物ため、撮影は、難しいです。特に、人気の真珠(パー …

JPEGとRAWの違い!商品撮影基本「ファイル形式」

商品を撮影した画像を、記録する際のファイル形式には、JPEGとRAWがあります。 …