商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

テカリを消すコツ!袋菓子・ラッピングビニールの撮影方法

      2018/06/30

袋菓子や透明な袋に入ったクッキーを撮影するときに、注意することは、テカリです。ただし、袋菓子などは、オウトツが激しいため、全ての反射をなくして撮影するということは、ほぼ不可能に近いです。今回は、袋の質感を残しつつ、商品の良さを引き出せる方法・コツをご紹介します。

■袋菓子撮影は見た目のボリューム感が大事

袋菓子の場合、お菓子のボリューム感を、強調することで、商品のお得感を表現することができます。袋菓子は、中身のお菓子が潰れないように、空気が入っています。そのため、触ったところは、へこみ、シワになってしまいます。そういう場合は、ティッシュペーパーを詰め込んで、形を整えるようにしましょう。
やり方としては、袋の裏目の一部を、カッターナイフで、縦に長い長方形のように切り取ります。また、切った部分から破れないように、枠の部分を撮影用のテープ(セロハンテープ等)で貼りつけておきます。
逆に、テープを袋に先に貼ってから、テープの内側を切り取るかたちでも大丈夫です。
袋から、中身をある程度取り出し、その後、ティッシュペーパーで詰めて、形を整えます。ポイントとしては、隅々が膨らむようにします。また、袋の上下の開封部分(裏面)に、テープを貼りますと、ピーンと張るような感じになりますので、見た目の形がきれいになります。

■袋菓子のテカリやシワをおさえるコツ

袋菓子は、防湿や光の遮断する加工がされている袋を使用していますので、どうしても袋の表面が反射して、テカリやシワができやすくなってしまいます。
撮影する際は、光のライティングに、工夫する必要があります。
例えば、テカリによる写り込みを回避するには、レフ板などを利用して光を遮る、袋菓子の角度を変える、照明の位置を移動させるなどがあります。反射の原因は、照明だけでなく、背景紙の映り込みもありますので、確認してみましょう。
パッケージの種類に関係なく、黒い背景は、反射が起きにくいです。そのため、反射の映り込みが激しいようであれば、黒ケント紙を使ってみるのも、手段の1つです。また、袋菓子を寝かせて、光の反射がない角度から、袋菓子に寄り、絞りを開いて、撮影しますと、商品のイメージカット的な写真を撮ることができます。その場合、商品名などにピントを合わせます。

■袋菓子撮影に使えるおすすめなアクセサリー

商品を置くときに、そのまま背景紙に置くのではなく、袋菓子の下に、アクリルキューブ(おもり等)を置いて、撮影しましょう。袋菓子を少し浮かせて撮影することで、下の背景紙からパッケージが離れますので、光の反射が軽減され、形状や色などがきれいに描写できます。また、ローアングルの撮影が、やりやすくなります。
もし、袋菓子を立てて撮影する場合は、立てる角度をいろいろと変えてみることです。この時に使えるアクセサリーは、「レンガ」です。商品を固定・支えたりすることができますので、袋菓子を支えるのに大変便利です。ただし、レンガの色が映り込まないようにするため、ケント紙や白いコピー紙を、レンガに巻いてから使用します。

■菓子袋商品が複数ある場合は、配色に注意

商品のなかには、透明のビニール袋に入れられたクッキーや和菓子などがあります。袋の表面に光沢があるため、光が当たると反射してしまい、写真撮影しますと、白く写ってしまい中身が見えない場合があります。そのため、ライトの照射の高さや方向を変えていき、反射してテカラない位置を決めていきます。

また、前後に商品を置く場合は、後ろの商品が隠れてしまうため、アクリルキューブを使って、少し浮かしておくと良いでしょう。また、淡い色のものは、前方に置き、濃い色なものは、後方に置くなど、配色・配置にも注意が必要です。

■まとめ

袋のテカリは、袋の素材を表現するのにも役立つものです。何より、商品がどういったものかわからないと意味がありません。テカリは、照明の光の反射からくるものが多いですので、照明の光をコントロールするか、商品を斜めにするなど動かすことで、テカリを少なくしましょう。

 - イメージ撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

見た目通りの明るさに!商品撮影の基本「露出補正」

露出補正は、写真を明るくしたり、暗くしたりしてくれる大切な機能です。自動露出もあ …

熱い湯気をはっきり上手に撮る方法

熱さを伝える「湯気」を入れて、熱さを表現した写真を撮りたい人も、多いのではないで …

写真撮影に必要なデジタルカメラ!種類・特徴を知っておこう

美しい景色やインスタ映えするスイーツなどを撮影したいというときには、カメラが必要 …

映り込みを防ぐ鏡撮影・フォトフレーム撮影のコツ

鏡やフォトフレームの場合、映り込みを避けて撮影することが基本です。映り込みは簡単 …

撮影をプロに依頼する場合

目次1 総合的に考えるとけして損では無いプロに任せる事2 ホームページに乗せる写 …