商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

マニキュアやコスメ商品をやわらかい感じで撮るコツ

      2018/06/30

マニキュアなどのコスメ商品は、やわらかな感じで撮影しますと、見ている人にイメージが伝わりやすいです。今回は、マニキュアの撮影方法のコツをご紹介します。

■色鮮やかなマニキュアのイメージ写真を撮る

商品撮影で、マニキュアなどのコスメ商品を撮影する際は、ほんわか、柔らかい、やさしい印象を与えるように撮影することがコツです。そのためには、背景の色と質感が重要になります。

例えば、ピンクなどの明るめな色のマニキュアを数本撮影する場合、寒色系の背景紙にしてしまいますと、色の数が多くなりますので、見た目が悪くなります。逆に、暖色系にしてしまいますと、色の反射により、商品の色がぼけてしまいます。また、紙質ですと、柔らかい雰囲気が表現することができません。

そのため、背景紙ではなく、コットンやムートンなどの背景布にして、薄めのペールオレンジ系やホワイト系を選ぶと良いでしょう。また、背景布は、ベージュ系に近いストールなどでも可能です。

■マニキュアは並べかたでイメージ表現が広げる

マニキュアは、ロゴがついている側を、カメラに向けて撮影します。撮影は、商品を立てる撮影する場合と、背景布の上に寝かせて撮影する場合があります。そのままマニキュアを、寝かせて撮影した場合、形状がきれいに写らないため、マニキュアのふたの部分(上部)を少し浮かせるようにしますと、きれいに撮影できます。そのため、ふたの部分が高くなるように、背景布の下に、高さにあったピンチや洗濯バサミなどを置き、配置したら、その上に背景布をかぶせて、セットします。

また、商品の並べ方を変えてみることにより、商品に動きがでてきます。例えば、何色もあるマニキュアを撮影したい場合は、横一直線に置くのではなく、前、後ろ、前、後ろと少しずらしてみたり、寝かせて円型や階段のように、段差がでるように置いてみたりするなど、いろいろな表現ができます。

■色鮮やかなマニキュアだけでなく小道具を使う

背景布だけでは、単調しすぎてしまうことがありますので、演出に花やリボンなどの小道具を使って撮影しますと、華やかさが増します。

■マニキュアをつけた爪を美しく魅せる

色鮮やかなマニキュアの場合、モデルの手を使ってのイメージカットで撮影をする場合があります。この場合、指(手)を美しく見せるとともに、ネイルの立体感や色合いを表現することが大事になります。
ライトの光は、直接にマニキュアに当てるのではなく、ディフューズ(拡散)した、逆光ぎみの柔らかい光を使用します。そのため、自然な雰囲気を撮影することができます。また、光のポイントとしては、各指の上にハイライトが入るようにします。

背景は、基本、ネイルの色合いなどがわかりやすい白色を使います。素材としては、タオル、ニットや白ケント紙などを使います。
また、ポーズを変えることで、印象が変わります。例えば、両手でネイルの色と同じ色の花を持つ、香水瓶やコンパクトケースを片手で持つ、ネイル同士が重ならないように、両手を交差するようにポーズをとるなどです。少し指を曲げることで、関節のシワもごまかせて、指もきれいに見えます。プロが撮影する場合は、プロの手タレを被写体にして撮影します。

■まとめ

色鮮やかなマニキュアなどのコスメ商品は、華やかさもありながら、柔らかい雰囲気で撮影することがポイントです。小道具などをうまく利用してみましょう。

 - モデル撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

撮影する角度で変わる!カメラアングルなどについても知っておこう!

写真講座などで、よく聞かれるのが、「カメラアングル」と「カメラポジション」です。 …

商品撮影でちょっとしたテクニック

目次1 商品撮影でコントラストが低い商品を撮る時には2 三脚を使って商品撮影をし …

白い食器・陶器の質感をきれいに写すコツ

白い食器・陶器は、光の反射があるため、不要な映り込みが入りますので、難しい撮影で …

熱い湯気をはっきり上手に撮る方法

熱さを伝える「湯気」を入れて、熱さを表現した写真を撮りたい人も、多いのではないで …

カメラで商品撮影する際は「背景」を工夫することが大事!

商品撮影で大事なことは、商品の形状や色などの特徴を伝えることが大切になってきます …