商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

映り込みを防ぐ鏡撮影・フォトフレーム撮影のコツ

      2018/06/30

鏡やフォトフレームの場合、映り込みを避けて撮影することが基本です。映り込みは簡単な方法で解決できます。また、スマホケース、パスケース、パンフレットなどの平面な商品は、形をきちんと正確に撮影するのが基本となります。
今回は、ポイントなる撮影方法・コツをご紹介します。

■鏡をきれいに撮影する方法

鏡を撮影する場合、正面から撮影しますと、不要な背景、カメラ、三脚、撮影者などが映り込んでしまします。まずは、鏡に、不要な写りこみが入らないようにすることが、大事です。まずは、写りこんでしまう位置に、白い紙(白いレフ板でも可)を用意します。
2灯のうちの1灯を鏡に照らし、もう1灯を、白い紙(白いレフ板でも可)に照らします。すると、鏡に白い紙が映し出されます。また、鏡の質感を表現するために、光のグラデーション(明暗)をつくるようにします。例えば、鏡の右上から左下にかけて、徐々に暗くなっていくグラデーションの場合、右上部分に一番明るくするようなライティングすることで、全体的にグラデーションをつくることができます。
また、例えば、グレーの背景紙を、更にカメラ側まで延長し、その背景紙を鏡に写しこむという方法もあります。延ばした紙が、撮影台から浮かないように、テープなどで固定します。

■フォトフレームをきれいに撮る

フォトフレームを撮影する場合、ガラス部分に、不要な背景や光が映り込まないようにします。まずは、ライト1灯を、フォトフレームに照射します。そして、ガラスに、不要な写りこみが入ってしまう位置に、黒い紙(黒いレフ板・黒い布でも可)を置き、撮影します。要は、全体的に黒を映し込むことで、不要な光などの映り込みを防ぐことができます。

■真俯瞰撮影で平面な商品を撮る

映画のパンフレット、スマホケース、パスケースなどの平面な商品を撮影する場合は、形をきちんと正確に見せるように、撮影することがポイントとなります。例えば、長方形の場合、左右、上下の辺が同じでなければ、見た目もおかしくなってしまいます。撮影した際に、左右のどちら側に偏って撮影してしまいますと、どちらかが長くなり、どちらかが歪んで見えてしまいます。また、パンフレットの場合は、遠近感がついてしまい、台形になって撮れてしまうことがあります。
撮影方法は、カメラを真下に向けて水平にして、商品を撮影する「真俯瞰(まふかん)」で行います。商品の真上にカメラがくることになりますので、レンズと商品の中心が合うように、ピントを合わせます。位置の移動や光の調整をする場合は、三脚(カメラ)を動かすのではなく、商品を移動させます。
また、真俯瞰の撮影時に、よく使われるのが「センターポール逆さ付け」です。
脚部の真ん中にあるセンターポールが、離せる三脚なら使える方法です。
まずは、センターポールについているネジを外し、ポールを三脚から抜きます。
センターポールを逆向きにして設置し、抜け落ち防止のねじで留めます。
撮影台が高すぎた場合、三脚の高さが足りなくなる場合がありますので、注意が必要です。だからといって、高さを気にするあまり、床に置いて撮影してしまいますと、今後は、光があまり届かなくなってしまいます。そのため、撮影台は、程よい高さにしておきますと、撮影がしやすくなります。

■まとめ

鏡などの映り込みは、簡単な方法で防ぐことができます。また、真俯瞰撮影で、三脚を使う場合は、逆ざしができるものなのか?脚とセンターポールが切り離せるタイプの三脚なのかを、必ず確認しましょう。三脚を購入する場合も、真俯瞰撮影を使う想定であれば、このあたりに気をつけて購入するとよいでしょう。

 - イメージ撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

商品撮影の基本!「ピント」と「被写界深度」を知る

商品を撮影する際に、知っていたようで、実は知らなかったことがあると思います。今回 …

衣料品の撮影で商品を魅力的に撮るコツ!

ポロシャツやTシャツなどを撮影する場合、洋服の素材感と形のきれいさがポイントとな …

テカリを消すコツ!袋菓子・ラッピングビニールの撮影方法

袋菓子や透明な袋に入ったクッキーを撮影するときに、注意することは、テカリです。た …

カメラで商品撮影する際は光をディフューズ(拡散)しよう

商品撮影するときには、光の質とディフューズ(拡散)を知っておきますと、便利です。 …

商品写真を魅力的に見せる構図

商品撮影でも、必要不可欠なのが構図です。構図を意識することで、写真の完成度が高ま …