商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

華やかなイメージを演出する!ワインボトルの撮り方

      2018/10/30

商品のボトルワインを撮影する場合、大きくわけて、透明なボトルワインと色つきボトルワインがあります。それぞれの特長を活かした撮影の仕方がありますので、ここで、撮影の方法・コツをご紹介します。

■透過光で演出する!透明なボトルワイン

ワインなどの液体が入った透明なボトルを撮影した場合、周辺の背景や照明などが写りこんでしまいます。その原因は、ボトルのなかに入っているワインが、レンズのような効果となり、背景を映り込ませてしまうからです。
透明なボトルのワインボトルを撮影する場合は、背後からの光(逆光)を照射させ、瓶から通り抜ける光(透過光)で、ワインの瓶の輪郭をきれいに映し出します。

ただし、ボトルワインの前には、ラベルが貼られています。逆光側で撮影しますと、そのラベル部分が暗く写し出されます。そこで、トレーシングペーパーなどで、ディフューズした柔らかい光を、ボトルの左側(撮影によっては右側)に照射します。また、その反対側に白いレフ板を置くことで、明るさを補います。
ボトルワインなどの細長いボトルを撮影する場合は、ズームの広角側で撮影しますと、ボトルが頭でっかちに写るなど、形の歪みが目立ってしまいます。そのため、正しい形が表現できませんので、望遠側で撮影します。

■底面の影が気になる場合は

切り抜きを前提としている場合やボトルの底面に影を入れたくない場合は、サイズが豊富なアクリル円柱などを利用して、ワインを浮かせます。ワインを浮かせたことにより、背景紙(下地)とボトルの底面の境界が、わかりやすくなります。もし、アクリル円柱などがない場合は、透明なコップを逆さまにして利用すると良いでしょう。

■ハイライトの写りこみを活かす!色つきボトルワイン

光を避けるために色がついたボトルワインは、全体的に黒いため、映り込みが激しいです。撮影方法は、いろいろとありますが、例えば、高級な感じのイメージで撮影したい場合は、背景に黒ケント紙を使います。
簡易スタジオ(ディフューズボックス)を使う以外で撮影する場合、撮影する環境をつくります。壁を背景に撮影台を用意し、その上に段ボール2個を用意します。箱の上から、黒ケント紙を広げ、更に撮影台手間前まで、全体に広げていきます。そして、背景紙や段ボールが、動かないように、テープなどで固定します。その上に、色つきボトルワインを置いて撮影します。注意する点は、背景と商品の距離を離しておくことです。奥行きをだすことで、遠近感を表現することができます。
使用するライト数も、撮影により異なりますが、例えば、左側(どらかの片側)に設置したLEDライト(1灯)の光を、遠めからトレーシングペーパーに照射します。ディフューズされた光が、ボトルワインに照射します。その柔らかい光が、ボトルの左側に、縦長の大きなハイライトを入れます。大きめのハイライトを入れることで、高級感を演出することができます。ハイライトを小さくしたい場合は、ライトとトレーシングペーパーの距離を近づけます。

■レフ板をうまく使おう

片側(一方向)から光を当てることで、明暗を対比でき、シャープで、どっしりとした落ち着いた雰囲気を演出することができます。また、右側(どらかの片側)に置かれたレフ板に、ディフューズをした柔らかい光を、写りこませ、ラベルの陰影を明るくすることで、グラデーションが入ります。そのことにより、曲面や質感を表現できます。簡易スタジオ(ディフューズボックス)を利用する場合は、レフ板を使いますと、逆に、映り込みが汚くなりますので、控えましょう。

■ワインなど瓶商品を特徴的に

ワインのイメージ写真を撮影する場合、パーティーで、グラスにワインが注がれた瞬間や、料理などが一緒に添えられたりしますと、よりイメージがしやすくなります。また、ワインだけでなく、ウィスキーやバーボンなども、ボトルの形状やイメージに合わせて、セッティングを変えることにより、商品の特徴を表現することができます。

■まとめ

ボトルワインは、縦に長いですので、壁などの不要な背景が、写らないように注意しましょう。

 - イメージ撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

華やかな花束やフラワーアレンジメントを美しく撮る方法

自分で季節の花を使い作った花束やフラワーアレンジメントを、きれいに撮影したいと思 …

ハンドメイド作品や料理をきれいに撮影するコツとは?

キュートなハンドメイド作品の小物やインスタ映えするスイーツや料理などを撮影する人 …

四季折々の美しい風景をスマホカメラで手軽に撮影してみよう!

四季折々の美しい風景をスマホカメラで手軽に撮影してみよう! 旅行先でみた美しい景 …

デジタルカメラについている露出補正を使って理想の撮影に!

デジタルカメラについている露出補正を使って理想の写真に! 一眼レフカメラやコンパ …

商品撮影の際のポイント

目次1 商品撮影では商品と比較出来る物があると分かりやすい2 商品撮影の前にテー …