商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

革製品の靴・シューズの写真の撮り方

      2018/10/30

革製品の靴・シューズの撮影で悩んでいるかたも多いと思います。靴・シューズは、形状、質感、色、ブランドロゴを見せることを基本に、アングルや角度によって、様々な写真を撮ることができます。ここでは、靴・シューズの写真の撮り方などをご紹介します。

■いろいろある靴・シューズの撮影方法

靴・シューズを撮影する際、靴の色、形、ロゴ、素材の質感がわかるように撮影することが大事です。靴の見せ方にもいろいろあります。
一般に多く使われているのが、2足の靴を「斜めに配置」して、少し開かせた状態(少しずらす)で、撮影するものです。この場合、靴の色、形状、エメナルなどの靴の質感などが、全体的にわかりやすく表現することができます。
箱に入っている靴や、厚みのないサンダルなどを撮影するときに多いのが、両足の靴を揃えて、商品の真上から撮影する「真俯瞰」撮影です。また、スニーカーなどに多いのが、靴を「ハの字」になるように配置して撮影する方法です。また、ハの字に配置した状態で、「片足だけ立たせる」方法があります。

例えば、パンプスの片方を横向きにして、横の形状と高さを見せ、もう片方を正面向きにします。ヒールを持ち上げるために、アクリルキューブを使い、パンプスを斜めにします。斜めになったことで、インソールのブランドロゴや、全体的な形を見せることができます。他にも、靴底、バック、ディテールなどの撮影方法があり、真正面やサイドは、靴の片方のみで撮影することが多いです。

■撮影ポイントは靴・シューズの「かかとを持ち上げる」

靴を「ハの字」に置いた撮影を基本として、少しかたちを変えていくことで、また違った雰囲気の写真を撮ることができます。例えば、ハの字に配置したスニーカーの片方を「横に倒す」と、靴底の裏面が見えようになります。特に、雪にも対応できる靴という特徴がある場合は、滑り止めの位置などを、わかりやすく伝えることができます。

また、スニーカーやパンプスなどでも良く使われますが「商品を持ち上げる」、「浮かせる」という手段です。靴の場合は、かかとを持ち上げることで、インソールまで、見やすくなります。よく、シューズショップなどで見かけるのが、「ハの字」にしたあと、片方の靴のかかとを、もう一つの靴の上にのせるというやり方があります。このやり方で、小さい子供の靴を撮影する場合は、サイズが小さいですので、かかとをのせる靴を、あえてサイド(靴の右か左側)が写るように、横向きにしておきます。すると、靴の全体的な形状やサイドのデザインがよくわかり、キュートに撮影することができます。

■ハイライトで質感を表現する

撮影方法は、様々ですが、例えば、撮影台に背景紙(又は背景布)を置き、その上に靴を置きます。その左右にライト1灯ずつ用意します。ライトを直接に靴に照射するのではなく、それぞれ、半透明のトレーシングペーパーなどに向けて照射し、ディフューズした光を靴に当てるように撮影します。靴に写り込んだハイライトによって、靴の質感を表現することができます。特に、エナメルや革靴などは、ハイライトの位置が難しいですので、少しずつ調整しながら、撮影していきます。

■箱に入れた革靴・パンプスも美しく演出する

例えば、箱に入れたパンプスを、きれいに撮影したい場合、背景布やラッピングペーパーなどを敷いた、その上にパンプスを置きます。
パンプスは、重みによって、箱の下に少し沈んでしまいますので、靴の形状やインソールのブランドロゴが、はっきりとわからなくなります。そのため、パンプスを、少し持ち上げる必要があります。

そこで使うのが、アクリルキューブです。かかと部分にアクリルキューブを、隠すように置いて、持ち上げることで、高さがでます。アクリルキューブは、サイズも豊富で、色がついていない透明ですので、撮影するときに、影などの影響がほとんどありませんので、便利です。

■革靴・シューズなどのイメージで捉える

スニーカーのイメージ撮影の場合、靴ヒモを持ったり、どこかに引っ掛けて、宙に吊るすなど、ぶら下がるスニーカーを撮影したり、靴ヒモの色を片方ずつ違うものに変えてみるなど、工夫することで、違うイメージ写真を撮ることができます。また、同じ形で違う色のスニーカーを、一足ずつ横にずらしながら並べ、色合いを比較するように撮影することも大切です。ハイヒールは、ヒールの高さと、裏が違う色になっている場合があるため、バック側からの撮影を忘れずにしましょう。

■まとめ

靴・シューズは、色、形状、質感などが、ポイントになります。左右の靴の置き方を変えるなど、動きある表現で、それぞれの靴の特徴を表現してみましょう。

 - イメージ撮影, 出張撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

カメラで商品撮影する際は「背景」を工夫することが大事!

商品撮影で大事なことは、商品の形状や色などの特徴を伝えることが大切になってきます …

映り込みするスプーン・フォークを上品に撮るコツ

食卓用のおしゃれなスプーン、フォーク、ナイフは、表面の光沢が大きいですので、映り …

アングルとポジションについて!商品撮影基礎

商品撮影をするとき、どうしたら商品がよりよく伝わる画面構成(構図)になるのか考え …

他社と差をつけるための商品撮影

目次1 プロに商品撮影を頼む事は検討に値します2 他社と差をつける為に商品撮影代 …

商品撮影でちょっとしたテクニック

目次1 商品撮影でコントラストが低い商品を撮る時には2 三脚を使って商品撮影をし …