商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

腕時計撮影のコツ・テクニック

      2018/10/30

簡単そうに見える腕時計の撮影ですが、実は、反射の部分が多くありますので、商品撮影のなかでも、宝石などと同様に、難易度が高めです。今回は、腕時計撮影のコツ・テクニックなどを、ご紹介します。

■腕時計の曲線をきれいに見せる

時計を撮影する場合は、背景の上に直接置いて撮影しますと、残念な写真になってしまいますので、時計スタンドなどを使って撮影します。

もし、時計スタンドで、時計を腕につけたような曲線がイメージ通りに表現することが、できないようであれば、アルミバンドを使います。アルミバンドは、やわらかいですので、ハサミで切れます。ただし、反射させないために、黒テープなどで巻いてから、使います。

アルミバンドが用意できたら、時計のバンド裏に装着させ、形を整えます。

その後、時計を立たせるには、両面テープ、グルーガン(接着剤)などで貼るか、黒い粘土や消しゴムを小さく切って、腕時計の下に置き、腕時計を立てます。そのとき、時計のガラス部分は、カメラ側に向かって、まっすぐに置きます。

■時計の針の位置をあわせて美しく

腕時計の場合、大体11時~12時あたりに、ブランドのロゴマークがあります。そのため、ブランドのロゴマークが、隠れて見えないように、ある程度決められた位置に、針を設定しておくことが大切です。

例えば、短針と長針が下に向くようにセットしてしまいますと、バランスが悪く見え、貧相に見えてしまいますので、やめましょう。

通常は、10時8分又は、10分に合わせ、秒針がある場合は、35秒ぐらいに合わせますと、きれいに見えます。ただし、あくまでも目安ですので、商品の腕時計がきれいに見えるように、臨機応変に対応しましょう。

もし、ブランドのロゴマークが下についているものがあった場合は、秒針で、隠れてしまわないように気をつけましょう。また、ブランドのロゴマークが3時あたりにある場合は、10時7分37秒くらいにセットしておくと良いでしょう。

■撮影する前にすること

腕時計撮影では、ゴミや埃などが目立ちやすいですので、撮影前に、ブロアーで、ゴミを飛ばしておきましょう。また、指紋や汚れが付かないように、事前に、手袋をしておくと良いでしょう。

■いろいろとある時計の撮り方

商品撮影で、腕時計を撮影する場合、大きくわけて、腕時計の全体を撮影する、腕時計の顔となるケース部分のアップを撮る、腕時計の背面を撮ることが多いです。腕時計は、いろいろな素材が混じりあっているため、それぞれの素材の魅力を引き出す必要があり、商品撮影のなかでは、難易度が高めです。

例えば、革バンドの腕時計の場合は、革、ガラス、金属製で、それらは全て光沢があり、映り込みやすい素材です。また、腕時計の形や装飾などによっても、映り込みは様々です。

注意することは、腕時計のガラスに、光を反射させないようにすることです。また、時計の顔といえる金属製のケース部分や革製のベルトは、強烈なハイライトを、つくらないようにすることです。レフ板は、撮影する方法により、異なりますが、黒レフ板で、黒色を腕時計の文字盤に移しこむことによって、クリアに見せる方法もあります。

■時計のイメージに合わせて背景を変える

背景は、カタログみたいに撮影したい場合は、白系無地が通常ですが、逆に黒色の背景を使うことで、高級感を表現することができます。

また、高級時計やゴールド時計などは、特徴やイメージに合わせて、滑らかで艶のあるベルベット(ビロード)や大理石の背景紙など、背景素材を変えていくことで、また違ったイメージに、変えることができます。

■まとめ

腕時計のポイントは、文字盤をきれいに見せることと、白黒の映り込みのバランスを考えて、撮影することです。

 - イメージ撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ホワイトバランスとISO感度を活かす商品撮影をしよう

商品撮影のときにも役立つ、ISO感度とホワイトバランスについて、ご紹介します。I …

白とびや黒つぶれを防ぐ!ヒストグラム

撮影しているときに、白とび(露出オーバー)や黒つぶれ(露出アンダー)になってしま …

商品撮影でちょっとしたテクニック

目次1 商品撮影でコントラストが低い商品を撮る時には2 三脚を使って商品撮影をし …

写真撮影★散歩「秋」〜代々木公園〜

仕事場からほんの数分の場所ですが、 いつも時間に追われて、行けそうで行けない場所 …

撮影上達で必要な基礎

目次1 商品撮影ではとにかく多くの写真を撮るのが良いです 2 半押しのテクニック …