商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

映り込みするスプーン・フォークを上品に撮るコツ

      2018/10/30

cutlary

食卓用のおしゃれなスプーン、フォーク、ナイフは、表面の光沢が大きいですので、映り込みが激しい商品です。ここでは、きれいに撮影するコツをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

■光沢は周囲を映りこませる

食卓用のスプーン、フォーク、ナイフなどの食器は、映り込みが激しい商品です。その理由は、表面の光沢が大きいからです。実は、美しい光沢は、周囲のものを映り込ませてしまうという特徴があります。例えば、普通に食卓用のスプーン、フォーク、ナイフを、そのまま上に向けて、テーブルに置きますと、蛍光灯の光などが、映り込みます。

このように、光沢の映り込みが激しい商品の場合は、光沢をいかにコントロールしてうまく仕上げていくかが、ポイントとなります。できれば、撮影用の簡易スタジオ(ディフューズボックス)を使いますと、光の反射をうまく軽減することができます。

■背景や置きかたで工夫を

どの商品にも同じことが言えますが、商品の並べかたや背景の色・質などが変わることで、イメージがかなり変わってきます。映り込みが激しい、食卓用のスプーンなどの場合は、黒色を背景にしますと、上品な高級感ある雰囲気に撮影することができます。逆に、白アクリル板などを使った、白色の背景の場合は、さわやかなすっきりとした雰囲気になります。

配置は、撮影方法により、異なりますが、カメラが真下を向く「真俯瞰」で撮影する場合、真ん中を基準に左右を少し下げておきます。お互いの間隔は、メジャーなどで測りながら同じにします。

他にも、基本の「斜め置き」や「ハの字」にしておく方法があります。先端部分を手前(カメラ側)に向け、スプーンやフォークなどの柄の部分を奥側にします。その際に、柄の部分を、少し合わせたように置いたり、離したりするなど、バランスの良い配置を考えます。

■光沢をきれいに仕上げるコツ

表面の光沢が大きく、映り込みが激しい食卓用のスプーン、フォーク、ナイフなどを、きれいに見せるコツは、反射を抑えながら、きれいなハイライトを入れることです。そうするには、光沢の一部を、黒ケント紙などを使い、黒色を映し込むことです。ポイントは、真っ暗にするのではなく、少し暗めにして、明暗をつくることです。そうすることで、メリハリができ、光沢感が増し、きれいに見せることができます。

また、商品撮影には、シャッタースピードが遅いために起こるブレなどを防ぐために、三脚を使うことが基本です。近年では、ミニ三脚やスマホホルダー付きのコンパクト三脚などがあり、撮影台に置いて、撮影することができます。

■まとめ

食卓用のスプーン、フォーク、ナイフなどは、総称で「カトラリー」と呼ばれています。カトラリーを撮影するときは、黒を写しこんで、光沢をきれいに見せるということを覚えておきましょう。

 - イメージ撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

他社と差をつけるための商品撮影

目次1 プロに商品撮影を頼む事は検討に値します2 他社と差をつける為に商品撮影代 …

商品撮影の照明

目次1 商品撮影で注意をしたい照明の事2 商品撮影で必要な三脚の事3 照明ならば …

商品撮影の映り込み

目次1 商品撮影で映り込みを防ぐ為に2 商品撮影をプロに任せるメリットは沢山あり …

華やかなイメージを演出する!ワインボトルの撮り方

商品のボトルワインを撮影する場合、大きくわけて、透明なボトルワインと色つきボトル …

NG商品写真はブレ!起きる原因と手ブレ補正機能とは

商品撮影をはじめ、写真撮影に関してNGなのが、手ブレなどの「ブレ」です。ブレは、 …