商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

商品のデジタルカメラをイメージ通りに撮る方法

      2018/10/30

イメージ

商品撮影で、デジタルカメラを撮影することもあります。コントラスを強めに立体感を強調、光を抑えて精密な雰囲気を表現するなど、撮影方法は、様々です。今回は、撮影する方法とコツをご紹介します。

■精密なデジタルカメラを撮影してみよう

商品であるデジタルデジタルカメラを撮影する場合は、歪みのない形状、カラー、質感などを忠実に表現することが大事です。デジタルカメラは、種類にもよりますが、一般的に、レンズが前面にでています。そのため、デジタルカメラの正面から撮影しますと、レンズ部分が強調され、デジタルカメラの質感やレンズの長さなどは、伝わりにくくなります。そのため、通常は、斜め置きで撮影します。ただし、正面撮りは、形状を詳細に見せたい場合などに、使うことがあります。

忘れていけないのが、デジタルカメラについている「ロゴ」です。撮影する位置を決める場合は、ロゴが見えるようにすると良いでしょう。

構図は、正面7、上面2、側面1の割合で、バランスよくおさまるような感じにし、ポジションは、低い位置から撮る「ローポジション」で撮影しますと、更に重圧感が増す感じに撮影できます。

■光を調整して立体感をだす

デジタルカメラの商品撮影の場合は、それぞれの側面の明るさに差をつけることで、立体的に見せることができます。例えば、一番明るくするのが上部で、次に正面、左(右)面と、徐々に暗くなるように調整していきます。

デジタルカメラの独自の精密な感じに表現したい場合は、先ほどの明暗の差をつける以外に、光をまわさないことです。光をまわさないために、背景は、黒色の布や黒ケント紙などで撮影します。通常、背景に黒色を使いますと、シックな落ち着いた雰囲気になります。

■スポットの光でアクセントをあたえる

撮影方法は、いろいろとあります。例えば、1灯で商品撮影する場合は、個性的な描写を表現できますが、一部に黒くつぶれてしまった部分がでてしまった場合、銀レフ板などで明るくするなどで、対応していきます。また、レンズやロゴなどに、補助光のLEDライトをスポット的に入れることで、メリハリがつきます。スポット光で、レンズに、ハイライトを入れることにより、レンズに光沢感がでて、明暗がはっきりします。

レンズに入れるハイライトの強さや、光の入れかたを変えていくことで、商品のデジタルカメラの印象が、大きく変わっていきます。

ライトの位置を少しずつ変えながら、自分がイメージした通りの当たり方になるように、確認しながら、撮影していきましょう。

■撮影するデジタルカメラの部位を活かす

デジタルカメラの種類により異なりますが、例えば、デジタル一眼レフカメラの場合は、ボディ上部に、シャッターボタン、撮影モードダイヤル、内臓フラッシュなど、特徴的なカメラの部位があります。その部位のひとつを、焦点にして撮影したい場合は、ボケをいかすという撮影方法もあります。周囲をぼかすことにより、撮りたい部位を強調することができます。

また、形状を詳細に見せたい場合は、商品のデジタルカメラを正面に向けます。正面からトレーシングペーパーを通した透過光を、商品のデジタルカメラに照射します。商品のデジタルカメラ全体に、光が均一になるようにすることで、形状などを、きれいに表現することができます。

■まとめ

商品のデジタルカメラを斜めに置き、上向きに寝かせて、正面ぎみに撮影しますと、シャープな感じで撮影することができます。商品の向きによって、表情が変わってきますので、いろいろと試してみましょう。

 - イメージ撮影, モデル撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

カメラに外付け!フラッシュを活用できる商品撮影

商品撮影するときの光源として、太陽の光以外に、フラッシュ(ストロボ)の光がありま …

商品撮影のライティングは光の質・光の方向が大事

商品撮影において、カメラのライティングは、必要不可欠です。商品の特徴をうまく伝え …

簡易スタジオ(ディフューズボックス)を自作・簡単制作する方法

近年は、自社のネットショップ、オークション、フリマアプリ、ハンドメイド販売等で、 …

カメラで商品撮影する際は「背景」を工夫することが大事!

商品撮影で大事なことは、商品の形状や色などの特徴を伝えることが大切になってきます …

衣類、金属の撮影

目次1 衣類の撮影2 金属の撮影3 望遠と広角機能を駆使 衣類の撮影 衣類の商品 …