商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

商品撮影の上達方法

      2018/10/30

◎商品撮影の前に自分が良いと思える写真を把握しておきましょう

 

商品撮影はセンスが無かったとしても、ちょっとしたコツで十分綺麗に撮影する事が出来ます。まず素敵な商品撮影をしたいのでしたら、良い写真がどんな物か理解しなければなりません。ただ一般的に共通する良い写真とは、悪い写真と違ってばらばらです。それぞれ個人に好みがありますし、何を大切にしているかでも変わって来ます。迫力のある写真が良いと考える方も居れば、そのままの姿を残すのが良いと考えている方がおられるからです。みんなが良いと言う写真を見るのも大切ですが、基本的には自分が良いと感じる物を沢山見るのがポイントでしょう。
では、どれぐらい見れば良いのかと言えば、大体、50枚前後を考えれば良いでしょう。中には100枚ぐらいを集めたり選んだりする事をオススメしている方もおられるぐらいです。
自分が考える良い写真を見ていると、どうして惹かれるのかその共通部分が見えて来ます。
その部分を理解して、自分の商品撮影に反映をすれば良いだけです。
そして、選んだ後も新しく良いなと思った写真があったならば、入れ替える作業をします。
そうする事でますますどのような写真が良いと感じるのかがはっきりと見えるようになります。

 

◎素敵な商品撮影が出来るようにするため

商品撮影が上手にならないと、悩んでおられる方も居らっしゃるでしょう。
とりあえず撮影をして行くのが重要だと考えて、とにかく写真を撮影して練習されている方もおられるかもしれません。
けして間違いでは無いのですが、その場合、どうしても効率的とは言えなくなります。
早く商品撮影を上手にしたいのでしたら、良い写真はどういった物かを理解しなければなりません。
自分が良いと思える写真で良いのですが、その後は実際に自分で撮影をした物から選んでいく事が大切です。
沢山撮影をして行くと、自分の写真でもお気に入りの物が必ず出て来ます。
そして新しく写真を撮影をしたら、これまでのお気に入りの写真と見比べてどんどん入れ替えて行くのです。
そうすると段々と自分のお気に入りの傾向が何処にあるのか、はっきりと理解出来るようになります。
写真テクニックを掴んだら商品撮影に関しても、どんな風に撮影をすれば人に良い印象を与える写真が見つかるのかを感じるようになるでしょう。
自分の商品撮影の写真で、どんな所が悪いのか、苦手と感じているのかがはっきりと見えて来るようになります。
商品撮影は商品を魅力的に見せるために大切なので、練習をして素敵な写真が取れるようになりましょう。

 

◎プリントアウトをすればまた違った角度から見れる

 

上手な商品撮影が出来るようになるポイントは、練習しか無いと言えるかもしれません。
センスが良い方ならば、少々練習をしなくても最初からある程度の写真が撮影出来る場合もあります。
ただ、それはあくまである程度のレベルで止まってしまいますので、怠けずに努力を重ねる事が重要になって来るでしょう。
最近では、写真はデジタルがほとんどです。
ただパソコンや携帯電話の画面を通して見える写真と、プリントアウトをした後の写真は少し印象が違って来ますので、そこも理解をしておかなければなりません。
商品撮影なのだから、パソコンの中のデジタル画像で見るのだし、わざわざプリントアウトをする必要は無いだろうと考える方も多いでしょう。
ある意味では当然なのですが、プリントアウトをする事によって、デジタル画像とは違った角度から見る事が出来、何か問題がある部分をチェックする事が出来るのです。
撮影したあとプリントしてみることは撮影上達にかなり有効のようです。

 - イメージ撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

商品撮影のバック、レフ板

目次1 商品撮影で必要なバック紙2 商品撮影ではレフ板を使用するのは得策です3 …

ホワイトバランスとISO感度を活かす商品撮影をしよう

商品撮影のときにも役立つ、ISO感度とホワイトバランスについて、ご紹介します。I …

テカリを消すコツ!袋菓子・ラッピングビニールの撮影方法

袋菓子や透明な袋に入ったクッキーを撮影するときに、注意することは、テカリです。た …

映り込みを防ぐ鏡撮影・フォトフレーム撮影のコツ

鏡やフォトフレームの場合、映り込みを避けて撮影することが基本です。映り込みは簡単 …

衣料品の撮影で商品を魅力的に撮るコツ!

ポロシャツやTシャツなどを撮影する場合、洋服の素材感と形のきれいさがポイントとな …