商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

撮影上達で必要な基礎

      2018/10/30

商品撮影ではとにかく多くの写真を撮るのが良いです

商品撮影では何枚も写真を撮る事が重要になります。多くの方は二枚か三枚ぐらいで終えてしまうかもしれません。
しかし上手く撮影をする為には、構図作りが上手くなければならないでしょう。そして構図が上手になるコツとしては、多く撮影するしかありません。
ある1つの方向から撮るだけでは無くて、様々な角度から撮影するのもポイントと言えるでしょう。
もちろん角度だけでは無くて、焦点距離についても色んな距離で撮って行くのが良いです。縦位置や横位置からも撮ったり、被写体に関して色々な配置を試してみるのも面白いかもしれません。様々な可能性を考えて、自由な発想で撮影をして行くのが良い商品撮影が出来るコツとも言えるでしょう。
そして、ある程度写真を撮ったなと感じたならばそこで初めて、撮影をした写真を見て良い物を選ぶと良いです。
実際の所、多くの方は写真撮影のプロでは無い事を考えなければなりません。実際に専門家でも非常に沢山の写真を撮影してその中から一枚の写真を選びとって行く訳です。
納得の出来る写真を撮りたいのでしたら、とにかく多くの写真を撮影する事が一番と言えるでしょう。数撃ちゃ当たるでは無いのですが、良い商品撮影はそれに近い物と考えておかなければならないでしょう。

半押しのテクニックを使って商品撮影

商品撮影をする時にはデジタルカメラを利用される方が多いかもしれません。
様々な機能がついているのですが、オートフォーカス機能はとても便利です。特に最近のデジタルカメラでは、オートフォーカス機能の精度が非常にアップしているのがポイントと言えるでしょう。撮影をする時に、特に考えなくても勝手に被写体に対してピントを合わせてくれるのでとても便利です。ただ、スピーディに撮影をしようとしてシャッターボタンを押してしまう方も多いです。これは商品撮影の時には気を付けなければならないポイントの1つと言えるでしょう。
何故かと言えば、慌ててシャッターボタンを押してしまうとピントを合わせる時間が無くなります。
そのためにピントが合わずにぼけてしまうので注意をしなければならないでしょう。
確実にピントを合わせたいと考えるのでしたら、半押しのテクニックを掴んでおくのが良いです。デジタルカメラにも寄るかもしれませんが、半押しをするとピントが合った事を知らせる合図をしてくれるような機能があります。それでシャッターボタンをきちんと押せばピントが合わずにボケてしまうような事はなくなるでしょう。
商品撮影をする時は、まず半押しのテクニックを掴むのが良いです。

商品撮影をする時はマクロ機能も使用して

商品撮影をする時、商品の魅力を伝えるため、細かな部分を見せたい時がありますよね。とにかくその細部を撮影したくなって被写体に近づき過ぎてしまうケースがあります。
半押しをしているのにピントが外れてしまうケースがあるのは忘れてはならないでしょう。原因は、デジタルカメラの撮影可能距離よりも近づき過ぎた事で起こる減少です。
どうしても細部をしっかりと撮影したいのであれば、デジタルカメラのマクロモードを活用するのが良いです。これは近接撮影モードです。
デジタルカメラの性能にも寄るのですが、最近のデジタルカメラではマクロ機能にするため、ボタンをちょっと押すだけで切り替える事が出来ます。
通常モードでは近づくとどうしてもぼやけてしまう場合には、マクロモードを使用するだけで、限界まで近づいて撮影をする事が出来ます。
ジュエリー等の細かな細工や、フィギアや道具の細かな部分を強調して撮影したいのでしたら、このマクロモードを積極的に利用するのが良いでしょう。
そうする事によって、商品撮影の幅を大きく広げる事が出来るのは間違いないです。
機能に頼り過ぎるのも問題はあるかもしれませんが、せっかく便利な物が付いているのに使わないのは非常にもったいないです。

 - イメージ撮影, 商品撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

子供の運動会や愛犬の姿を!一眼レフ撮影で失敗しない方法

  様々な表情をする子供の運動会や、かわいいしぐさや表情をする愛犬の姿 …

商品撮影のピント

  目次1 商品撮影でピンぼけにならないように2 商品撮影のピントを合 …

革製品の靴・シューズの写真の撮り方

革製品の靴・シューズの撮影で悩んでいるかたも多いと思います。靴・シューズは、形状 …

商品撮影の照明

目次1 商品撮影で注意をしたい照明の事2 商品撮影で必要な三脚の事3 照明ならば …

iPhone・スマホ動画で魅せる商品動画撮影方法

写真撮影と同時に、商品動画撮影を利用する企業が増えてきました。簡単な動画なら、i …