商品撮影、化粧品撮影、出張撮影、撮影代行をハイクオリティな写真で行います。東京青山表参道の写真スタジオ

商品撮影のピント

      2018/10/30

 

商品撮影でピンぼけにならないように

 

商品撮影をする時に色々と工夫をしたけれど失敗してしまったケースはありませんか。写真を撮影したけれど、パソコンのモニターで表示をしてみたらピントが合ってなくてぼやけている事があります。それまで色んな準備をして、構図も最適だと思う角度を見つけて、背景にも気を遣ったのに結果的に駄目になるなんて最悪ですよね。
自然の光が良いと思って、晴れの日を待って撮影をしたのに全てが台無しなんて事にはなりたくないでしょう。
ピントがずれてしまわないようにするためには落ち着きが重要になります。例えばデジタルカメラにはフォーカスポイントがあります。
そのポイントをきちんとチェックをしなければなりません。
フォーカスポイントが特に強調したい被写体の部分に当たっているのかどうかを確認しなければなりません。他にも、撮影をした後にカメラに付いている液晶モニターで拡大表示をしてみましょう。フォーカスポイントが自分が考えていた所にきちんと合わせられているかどうかも見ておかなければなりません。もし合わないのでしたら、マニュアルフォーカスも利用するのが良いでしょう。
そうする事によって狙った時にフォーカスポイントを当てる事が出来るのです。

 

商品撮影のピントを合わせるポイント

初心者の方の商品撮影で良く失敗してしまうケースとしてピンぼけがありますよね。ピントを何処に合わせれば良いのか分からない方もおられるかもしれません。
ピントについてなのですが、基本的に何処に合わせるのが良いのかと言えば、カメラに近い被写体に合わせるのが基本となっています。そして良く目につく物がありますよね。
出来るだけ大きな被写体にピントを合わせて行きましょう。ただ何処にピントを合わせれば良いのか、1回撮影したぐらいではなかなか分からない事もあります。
悩んでしまう前に、何枚も撮影してみる事も良いかもしれません。パターンを変えてみて様々な部分にピントを合わせて行きましょう。
そうする事によって段々と、どれにピントを合わせれば良いか分かって来ます。この沢山撮影をする事もポイントの1つかもしれません。
商品撮影だけでは無く、写真撮影全般にも言える事かもしれませんが、多くの写真を撮影する事によって自分の技術が向上するのです。いきなり誰でも素晴らしい写真が撮影出来るのでしたら、プロのカメラマンは必要ありませんよね。
インターネットオークションや、ネットショップにこれから沢山商品写真を出したいと考えるのでしたら、商品撮影のテクニックもある程度はあった方が良いと言えます。

 

綺麗な商品撮影が出来る方法

インターネットオークション等では同じブランドの商品だとしても、一方は高い金額で落札されてもう一方はかんばしくない事もあります。理由として商品撮影の良さがその差をつけている可能性があるので気を付けなければなりません。確かに見た目ばかりではありませんが、第一印象が大きな差をつけるのは間違い無いでしょう。例えば簡単に撮影出来るスペースを作らなければなりません。雑然とした所に物を置いたら他の物が写り込んでしまって見る人の視線が商品よりも違う所に移ってしまいます。
これが失敗になる大きなポイントでしょう。とりあえず他の物が入ってしまわないようにスペースを作る必要があります。
ダンボールを使用しても構いません。ただしダンボールを背景にして撮影をしてはいけません。分からないような背景にするために、工夫が必要になります。これも難しい作業が必要になる訳ではありません。ダンボールに画用紙を貼り付けるだけでも構いません。
ポイントとしては、画用紙に少しカーブさせて貼り付ける事によって、より綺麗な商品撮影をする事が出来ます。
背景とスペースをきちんと整えるだけでも綺麗な商品撮影が出来ますので、試されてみてはいかがでしょうか。

 - 出張撮影, 商品撮影, 料理撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

上手な鉄道模型の撮り方!フォルムの美しさを表現するコツ

商品撮影で簡単のようで難しい商品が、鉄道模型です。今回は、鉄道模型の細部まで、判 …

写真撮影★散歩「秋」〜代々木公園〜

仕事場からほんの数分の場所ですが、 いつも時間に追われて、行けそうで行けない場所 …

撮影する角度で変わる!カメラアングルなどについても知っておこう!

写真講座などで、よく聞かれるのが、「カメラアングル」と「カメラポジション」です。 …

四季折々の美しい風景をスマホカメラで手軽に撮影してみよう!

四季折々の美しい風景をスマホカメラで手軽に撮影してみよう! 旅行先でみた美しい景 …

商品撮影では予備が必要!電池とSDメモリーカード

商品撮影している時に、カメラの電池切れや、記録メディアがいっぱいになってしまい、 …